Mihoのイタリア料理教室Sestri Ponente

今日は賄い係りを。。。

お疲れ様です。
今日は定休日明け、一週間の始まりだ。
気を抜かないで今週も頑張ろう。
目標は昨日の失敗は今日はしないこと。

今日はランチの営業終了後、イカの処理をするようにとのこと。
シェフ→イカは早く処理しないとあしが早いから。。。。
私→うおーーーー、早く、きれいに処理しなくては。。。
かなりもたもたしてしまってうまくいかなかった。
大谷さん→僕、仕込み一気にやってしまうので、賄い作ってください。
私→えーーーーーーー。なに作ったらいいですか?
大谷さん→そーっすねー、今日は肉も魚もないので白菜と玉子たくさんつかってもらったらいいっすよ。

夜はご飯を土鍋で炊くのでやっぱり和食がいいはずーっと思って、玉子と白菜でできるものを考えてみた。

大谷さん→あーこの肉使ってください!!と鶏肉を出してくれた。
私→よかったあ。これでなんとかなるわ。
でもさすがに初めてシェフや大谷さんや高橋さんに食べていただくわけだし、
自分が美味しいと思うものを作らなくては、緊張するなあ。。。
時間もないし、やるしかない。これも修行なのだ。
なんとか自分ではいけると思ったので食べていただいた。

今日はシェフがプリモ(主にパスタ料理です、スープもプリモに入りますけど)の盛り付けは難しいから、昼の賄いで盛り付けも練習したらいい。昼の賄いも作ってみて、自分が作ったものを一番身近な人間に評価してもらうことからはじめたらいいとのこと。
毎日いろいろと大切なことを教えてくださるので勉強になる。

今日のシェフのイタリア語講座

Porca puttana (直訳するとメス豚の娼婦)
なにせイタリアには畜生という言葉が多いようです。。。
私、畜生なんて日本語でさえ使った記憶ないですが。。。。
シェフ曰く、普通に使うからあんまり気にしないほうがいいよ。


今日はイカの処理をしたので手が真っ黒です。という訳で、
今日の画像はナポリのメルカートの(市場)の魚屋さんです。
a0059035_2184399.jpg

[PR]

お世話になりました。

今日はアルテの定休日。
会社の忘年会&歓送別会。
このたび私はイタリアへ料理留学するため、12月15日付けで会社を退職します。
現在、有給消化中。
入社以来約13年間、アシックスという大きな組織の中に所属していた。
イタリアでの料理留学は最初はただの夢だった。
だって料理の勉強は日本でもきちんとできるのだから。。。
イタリアに行けたらいいなあ。。。位の小さな小さな夢だった。
小学校からバレーボールを始め中学、高校、短大とバレーボール一筋、もちろんアシックスのバレーボールシューズは愛用していた。世界中で愛されているスポーツ用品メーカーアシックスの社員として毎日充実した日々を送っていたので、会社を辞めてまで留学することはなかなかできなかったのだ。
a0059035_21553618.jpg
でも、やっぱり大好きなイタリアで生活し、今まで自分に足りなかった人生を楽しむ生き方や自分が作った料理で人を幸せにすることのできる美味しい料理を作りたい、流暢なイタリア語を身につけたい、そんな気持ちが日に日に大きくなっていった。一度しかない人生、やりたいことをやらないで後悔したくない!!決断してから今日までの日は短かった。
さて、少々話しは横道それたけど、さすがに営業部の宴会は賑やかでかなり楽しかった。
上司の皆さん口を揃えて定年退職したら料理を教えてほしいとのこと。
Come no!(もちろん!)喜んでお受けします。もちろんアシックス社員価格で開講いたします。
スポーツ工学研究所の皆様、大阪支社エリア販売部、ベースボールチームの皆様
本当にお世話になりました。
決して後悔する事のないように頑張ってきます。
送別品としてリクエストしてた文化包丁いただきました。
イタリアに連れて行きますね。
a0059035_215639100.jpg
[PR]

わーい定休日前日!!

わーい今日は定休日前の月曜日。
なんだかうれしいな。今日一日頑張れば、明日はお休み!!
会社員時代は一番辛い月曜日、営業部だったので週明けはいろいろと忙しいのだ。
でも今は以前の月曜日とはえらい違うのだった。

まだまだいきますよー、シェフのイタリア語講座

Sporco
皆さん、辞書は自分で開きましょうね。
[PR]

シェフのイタリア語講座

今日のシェフのイタリア語講座

Cazzo!
今日も畜生シリーズですね。

えー男性の方で、かずおさんっというお名前の方をイタリアの街中で大声で叫ぶようなことは
お止めくださいね。イタリア人たちが間違いなく振り向くでしょう。。。
と言いますのも、私がイタリアでサッカー観戦をした際に何度となく聞いた言葉です。
後ろの兄ちゃんも、前のおじさんもあっちゃこっちゃで発していました。
畜生!!この野郎!!
[PR]

今日のイタリア語講座

お疲れ様です。
今日は土曜日ということもあり、ランチタイムは昨日とは違ってた。
私は何から手をつければよいかあたふたしていました。
優先順位がつけれない。。
大谷さん曰く、まあ土曜日はこんなかんじです。。。
ほんとによく気が利く好青年、甘えてばかりいてはいけない。
頑張らなければ。。。

今日のシェフのイタリア語講座は
Madonna!!(マドンナ)
Mamma mia~!!(直訳すると:お母さーーーん)に値する言葉だと。
どういう意味かというと追い詰められ逃げようのない苦しい立場に陥ったときに思わず発する言葉。そういう状況はイタリアでは勘弁したいところだが憶えとこう!!
[PR]

今日から新講座が。。。。

修行二日目です。
今日はいきなりシェフ→今日から毎日一つずつ。。。
私→なになに???興味津々にシェフの方を見ると。。。
シェフ→イタリア語で悪口を教えてあげよう!!
私→?????
たしかに悪口なんてイタリア語講座で習ったことはない。
シェフ→たくさんあるから毎日一個ずつ
私→ハイ、わかりました。
内心悪口知っておいたほうがいいのかな???
イタリアの厨房ではそんな口の悪い言葉が飛び交うのかい??
こんな講座はほかとない、受けておいた方が良さそうだ。
シェフのイタリア修行時代によほど汚いイタリア語が飛び交っていたのだろう。
間違いない!!
と言うわけで。。
決定しました
シェフのイタリア語講座(悪口編)
Lezione1
Va fa culo.
意味は控えておきましょう。
知りたい方は自分で調べてください。私には聞かないでね。
[PR]

今日から修行の第一歩

a0059035_212219.jpg今日から留学前の修行に入ります。
来年2月からの留学では最初の2ヶ月間は料理学校でイタリア全州(20州)の郷土料理を約200点学びます。その後、各州のリストランテまたはトラットリアの厨房で働きます。
厨房経験なしの私にとって、現地の厨房で働くってことは無謀に等しいのです。
でもこの私、やりたいことをやらずにはいられない性格。
現地の厨房で働きたいがためにこの留学プランを選択したのだから。。。
留学を決めてから私が習っている料理学校の紀里先生にいろんなことを相談していた。
イタリアでの生活や心構え、旅行では決して味わうことのないイタリアでの厳しい現実などなど、紀里先生もイタリア留学経験者だからこそ、親身になっていろいろ答えてくださった。
そして紀里先生のご主人である荻堂シェフのお店で留学までの一ヶ月半の間、厨房で勉強させて頂くことになった。荻堂シェフも留学経験者、男性だけにもっといろんな苦労があったに違いない。
荻堂シェフのリストランテは阪急電車夙川駅から徒歩5分もかからないところ。その2階が紀里先生が主宰する料理学校だ。厨房は荻堂シェフとアシスタントの大谷さんの二人。サービスは高橋マネージャー。お店の名前のパンを焼くのが藤本さん(とっても笑顔がキュートな女の子)
ドルチェの担当されている。そこにド素人の私が今日からお世話になるのです。
2.3日前からかなり緊張してて。。。友達の大半は美穂なら大丈夫!!(何を基準にみんな判断してるの??)弱い自分と戦って、頑張るしかない、自分から無理に紀里先生→荻堂シェフにお願いしたのだから。。。こんなところでひるんでいたら、イタリア行ったらどうするねんってことよね。ここで思いっきりしごかれて?!(シェフはそんな風には思ってないだろう)イタリアでも頑張れる自分に今の場所で成長します!!
明日からも頑張るぞー。
今日の写真は今年11月にイタリアのアッシジという小さな街で見たきれいな夕焼けです。
[PR]

みんなありがとう

今日が私にとって13年余りお世話になった会社の最終出社日。
なんとなくここ2.3日は少しずつ寂しい気持ちになりつつあった。
あまりにも長い間、大きな組織の中に身をおいていたので、そこから離れるというのはいまだ経験のないこと。でも新たな目標もあり、そのために退職をするのだから、常に前に前に進みつづけたい。今日は同期が送別会を開催してくれ、お店は私がリクエストさせて頂いた。
大阪の中津にあるイタリアンのお店。お店は2階建てで、長細いが、こじんまりしている。
イタリア語教室で知り合いになったようこちゃんが勤めるお店。今回で2回目。シェフはイタリアで修行されたそうだ。場所はトスカーナ。トスカーナと言えばお肉料理。シェフの人柄がお料理の一皿一皿に出ているように思う。とてもほっとする味わい、もちろん味はかなり美味しい。
今日のパスタはウサギとフレッシュポルチーニのパスタだった。この時期ならではの一皿に私は思わずにんまりしてしまった。
a0059035_23455623.jpg

美味しいワインとお料理を同期のかな吉、かおりちゃん、やっさん(女の子です)にご馳走してもらい、散々しゃべりまくって、みんなに再会の約束をして(大げさです)お店を出た。
家に到着すると「13年間お疲れ様」とケーキが私の前に!!ちょっと、いやいやかなり感激しちゃいました。留学まで許してくれ、誰よりも応援してくれる旦那にこれからも感謝の気持ちを忘れずにイタリアでも頑張らなきゃと決意した瞬間でした。
さすがにケーキは次の日に頂くことにした。
a0059035_23485352.jpg

[PR]

やっぱり日本一

実は今日から二泊三日の東京なんです。
朝6時16分発の東京行きのぞみで仲良し3人組みで出発。
前日は仕事後、料理教室のレッスン→帰宅後東京旅の荷造り。。
3時間くらいしか寝ていなかったのでかなりの睡眠不足。。。。
しかしながら新幹線大好きなんで、テンションはいたって良好!!
この日のお天気は快晴、東京に向かう新幹線の中から日本一の富士山が見えますよーに祈る気持ちで、東京へ出発進行!!
浜松を過ぎた頃、売店のお姉さんに「すみません、富士山あとどれくらいに見えますか?」
子供のような質問にも丁寧に答えてくれました。あと15分くらいで見えるとのこと。
お天気抜群に良かったので、絶対に見える核心あり!!
富士山は東京方面向かって左側に見えるのだけれど、私の席は右側だったため
座席を離れ、新幹線の扉で待機することにした。
まだかまだかと、待っていたそのとき、壮大な富士山が私の眼にドカンとはいってきたのです。
思わず携帯電話を取りに座席に戻ると車内もざわざわしていました。
何枚か撮り、あとは目に焼けつけるかのように、眺めていました。
心の中でいろいろ祈りながら。。。
皆さん、こんな富士山に出会えたらかなり幸運かもしれません。私のように。。
a0059035_2337744.jpg

[PR]

今日のランチはフレンチを予約しました

a0059035_0111875.jpg
今日は会社近くにあるフレンチレストランを同期のかな吉が予約してくれて
同期三人でゆったりと優雅なランチを楽しみました。
ランチコースで前菜、スープ、メイン料理は本日の鮮魚もしくはお肉から選択可能。
スープの代わりに食後のデザートかチーズの盛り合わせにも変更可。
そして、コーヒーか紅茶かシャーベトのうちどれかが付いてなんと1800円はお値打ち。
会社近くとしてはまさに隠れ家的存在。お店はこじんまりとしているけれど、
圧迫感をほとんど感じない。お店の方も気取りなく親切で丁寧な対応には太鼓判。
今日の前菜はたっぷりきのこと地鶏のテリーヌでした。
かなり美味しかった。お皿は三人ともすべて違うデザインで目でも楽しめる。
付け合せのサラダも水菜、春菊、ホワイトセロリをオリーブオイルとビネガーとお塩の絶妙なドレッシングになっていました。この味私も出せるように憶えて帰ろうって思いました。
次は里芋のスープ、素材の味がうまーく出てて、優しい味でした。体が芯から温まる心地。表面は少し泡立ててありました。メインはお魚を選択、太刀魚の香草風味サフランソース仕立てになっていて見た目鮮やか。お野菜もグリルで焼いてあり、きれいに盛り付けられていた。なんと言ってもサフランソースの黄色が綺麗なこと。味は太刀魚と野菜とソースが一体となってバランスが良く味も美味しかった。
会社の昼休みとあって50分ほどのランチタイムでしたが、会話も楽しく優雅なひと時でした。
フレンチってやっぱり素敵な感じがする。イタリアンも大好きだけど、フレンチもたまには勉強のため食べとかないとね。食いしん坊の私でございます。
a0059035_084014.jpg
a0059035_09208.jpg

[PR]