引越し物語8

朝から気合の水浴び

お湯が出ないため朝から水でシャワーを浴びた。
なかなか気合の必要な作業だ。
頭も洗わないと気がすまない。
しかし水浴びの後は体が芯から温もる。。。
シェフ、家族と旅行に行ってしまった。。
家族思いなシェフの気持ちはわかるけど、
私たちのことも少しは考えてよ。。。
またも怒りの矛先がシェフにいってしまった。
シェフが旅行に行くのはかまわない、9歳、6歳、2歳の男の子をもつとっても優しいパパだ。
イタリアではすでに子供たちは夏休みに入っているし。。。
大きな仕事を一つ終えたし、夏にレストランの増築もあって
日々シェフも多忙なので、シェフも休暇が必要なのはわかるんだけど。。。

今日も夕方仕事を終えて、休憩しに落ち着かない家に戻ると、マリオが居た。
私、いつ、お湯出るのよ?
マリオ、今週末には。。。。
とにかく早くしてもらわないと困るのよ。お願いだから早くしてね。
マリオ、僕もそう願うよ。
あなたのセリフじゃないわよ。

今日は部屋の家具を組み立てて部屋に設置してくれた。
順番が違うやろ?!

今日のマリオのここでのお仕事は家具を2セット組み立てて帰っていった。。。。
この作業で十分満足して帰っていったマリオ。。。かなり先が重い。。。
[PR]
# by ciao-miho | 2006-06-14 17:40 | 引越し物語 | Comments(0)

引越し物語7

まだまだ続くよどこまでも?!


夜中の3時過ぎに寝て、朝9時半から仕込み開始。
シェフをはじめみんなかなりの疲労のはず。。。
しかし今日は引越しなのだ。
昼営業、ダビデ、よしさんと私の三人は忙しくならないよう願う。。。
昨日頑張ったお陰?!で今日は早く仕事が終わった。
が、引越しの作業が待っている。とりあえず新しい家に荷物を運ぶことができるようになったのだ。
しかし、4時過ぎにならないとマリオ(改装作業してくれているシェフの友人)が帰ってこないらしい。結局また倉庫で着替えて、ぶつくさ文句を言う私。
せっかく早く仕事が終わったのにゆっくりと休憩できないやん。。。。
引越しできた暁には乾杯することに決めていたのでシャンパンを買いに行くことにした。
4時過ぎに新しいアパートのチャイムを鳴らす。マリオは部屋に帰ってきてないようだ。
ひつこく、チャイムを鳴らしてみる。
くそー、いつまで待たすつもりよ。。。
マリオが現れた。
そこのバールで休憩してたんだよ。
あんた、しばくで。。。

新しいアパートに初めて入ってみる。。。ドキドキ!!
入ってすぐに居間があって洗面所もキッチンもかなりのスペースがある。
なんとバスタブ発見。うれしい!!
部屋も天井が高くて、壁が真っ白で広くて快適だ。
部屋とトイレは使用可能。

しかし大きな問題点がある
ガスのボイラーがない。。。
キッチンがなにもできていない。コンロなし、流し台なし。。。
つまり、シャワーができない、洗濯できない、カフェを入れることができない。。。。。
こんなんで引越しさせるなよー。わーーーーーー。

イタリアの引越しってものはいつもこんな感じなんだよ。とダビデは言うけど、
イタリアって変な国って言い返してやりたかった。。。

今日も厨房でシェフママに状況説明する私。
シェフママ、もう少しの我慢よ。
もう少しって、どれくらいの時間がかかるのよ。。。
あーかなり気長に待つしかないようだ。。。
[PR]
# by ciao-miho | 2006-06-13 17:30 | 引越し物語 | Comments(0)

シェフに同行、出張料理

今日は休みを返上してシェフと一緒にpiacenzaへ出張料理だ。
朝8時半に仕込み開始。シェフはすでに仕込みをしていた。
先週、大方準備はしてきたけど、朝、最終の仕込みをして出発だ。
ドルチェ隊長の私は忘れ物がないか最終確認。
どんなキッチンなのかわからないし、使うものは全部持っていくから大変だ。
シェフの車に積み込んで、出発したのが1時半過ぎ、ジェノバから車で約2時間かかるそうだ。
途中、アウトグリルで軽めの昼食。
予定どうりに到着、今日はワールドカップ、日本対オーストラリアそしてイタリア対ガーナ戦のある日だ。
到着して、食材を運んで、厨房と食事会のsalaを見せてもらう。
a0059035_452612.jpg
別のsalaにテレビがあり日本戦がまさに始まるところだった。
日本の選手を見て私も久々に熱くなる!!

夕食会のため準備に入るには少し時間的に余裕があったため少し街を歩くことにした。
大きな広場では今日のイタリア戦を観戦するための準備をしているところだった。

さて厨房に戻り、着替えて準備開始。
今日は70人分の料理を出すのだ。
私の担当はいつもの小菓子とミルフィーユだ。
せっせと準備にはいる。
a0059035_421742.jpg

a0059035_424991.jpg





今日のメニューはもちろんリグーリア州のお料理だ。

antipasto:cappon magro
a0059035_435330.jpg


primi:gnocchetti alla triglia e pomodori  :straccio al pesto
secondo:millefoglie gallinella con salsa zafferano  :fritti calamartti con pure di patate

dolice:millefoglie crema zabaione
piccoli pasiticcini

70人前、慌てず仕切るシェフは素晴らしかった。
a0059035_443034.jpg
シェフがお客さんと歓談しているのでダビデとよしさんと三人でバールでお疲れさん会を。
夜中車を飛ばしてレストランに着いたのが夜中の2時半。
今日はシェフの家に泊めてもらった。
今週も引っ越し関係でいろいろありそうだ。
[PR]
# by ciao-miho | 2006-06-12 03:59 | ジェノバBaldin日記 | Comments(0)

引越し物語6 

家なき子2(6月10、11日)

今日はレストランのホールで働いているバレンティーノが週末は家に居ないから、自分の部屋を貸してくれる事になった。
バレンティーノはいつも紳士なので私のお気に入り。
こんな状況の私たちに良心的に部屋を使わせてくれるなんて本当に優しい人だ。
バレンティーノのアパートは海の真ん前。素晴らしい眺めだった。
6月12日にシェフがpiacenzaというエミリアロマーニャ州にある街である食事会のシェフを務めることになっていて、今週はその仕込みで忙しく毎日帰ってくるのが夜中の2時すぎだった。
しかも引越し騒動でかなりのストレスが重なっていた。
アキレス腱の状態悪化しているし。。
日曜日は結局一日中部屋で寝ていた。

夜はよしさんと外に食事へ。昨晩シェフママが可愛そうな私たちにお小遣いをくれていた。
これで美味しいものでも食べてきなさいと。。。
夕方6時をすぎ、まだ海で日焼けをしているイタリア人に混じって、よしさんと海を眺めた。
大げさかもしれないけど、引越し騒動で怒涛の一週間だったので、なんだか海を見て少し癒された。お小遣いをもらったし、今日は飲むぞー!!
まずはバールで食前酒を軽く飲んでからレストランへ。
食事をしていると、英語で話しかけられた。
日本に興味のあるイタリア人親子だった。
パパが38歳で娘さんが14歳。、とても14歳には見えない綺麗な子だった。
日本に興味があるらしく、私の電子辞書のおかげで会話がはずむ。
気がついたら11時を過ぎていた。
楽しいひと時だった。
明日は休みを返上してシェフと一緒にpiacenzaへ出張料理だ。
[PR]
# by ciao-miho | 2006-06-10 03:58 | 引越し物語 | Comments(0)

引越し物語5 

家なき子1(6月9日)

昨晩、シェフの仰せのとおり、荷物をレストランの倉庫に運んだ。
シェフとダビデも手伝ってくれた。倉庫は今のアパートの向かいなので、問題なく荷物は移動。
たった2ヶ月とはいえ、小さいかばんに必要なもの以外は倉庫に移動した。なんかすっきりした部屋になった。
今日は昼から大家さんが使っていたアパートに来るらしい。ちゃんと綺麗に使ってたし問題ないはず。
昼営業終了後、シェフが先にアパートに向かう。
シェフから連絡が入り、部屋が使えないから、外で休憩してくれとのこと。
で、よしさんだけアパートに呼ばれて私は倉庫で着替えて、なんだかここ数日落ち着かなかったので、バスで海まで行って休憩した。
休憩して帰ってきたら、よしさんが部屋の状況を説明してくれた。
アパートの家具や、洗濯機、コンロ全部大家さんが掃除して撤去して行ったそうだ。
しかも埃まみれで、とても今日はそこで休めることはできないとのこと。
シェフが今日はシャワーしか使えなくて本当にごめんねとのこと
もし、問題があるようなら明日、また考えようと。。。
私の怒りの矛先がなぜかシェフにいってしまったのだ。。。。
この部屋の状態を見てシェフなら過ごせるのかと。。

ダビデに美穂は何を怒っているんだと言われたので、
部屋は汚いし、洗面所の電気は点かないし、私は部屋に帰りたくないと伝えた。
シェフママがじゃあ、私の家に今日は泊まる?って言ってくれたので
私は泊めてもらうことにした。
シェフママのマンションはとても広くて快適そのものだった。
イタリアでは黙っててはやっていけない国なんだと初めて思い知らされた。
[PR]
# by ciao-miho | 2006-06-09 03:57 | 引越し物語 | Comments(0)

引越し物語4 

引越し当日、まさかの引越し延期(6月6日)

シェフ「今日、引越しできないんだ。もう少し時間がかかるそうなんだ。必要な物以外はレストランの倉庫に荷物を運ぶことになったよ。」

二人「。。。。今日引越しできないの?今のアパートは使えるの??」

シェフ「荷物は倉庫に運んで、今の部屋を何日間が使えるように大家さんに交渉してみるから。。。」


確かに6月に入ったから家賃が発生するのかしら??
それにしても長年ずっとシェフが借りてきたわけだし、大家さんもすぐ出て行けなんて言ったりしないじゃないの???
イタリアってそういうところも大まかなんだろうと勝手に思い込んでいた私。。しかしこれが泣くはめになるとは思いもしなかった。。。。。
[PR]
# by ciao-miho | 2006-06-06 03:50 | 引越し物語 | Comments(0)

GENOA セリアB昇格!!

今日はよしさんと一緒にジェノバにあるスタジアムにセリエCのGENOAの試合観戦に行ってきました。イタリアではサッカーはセリエAだけではありません。
毎週レストランに来てくれる常連さんがこのクラブチームの関係者でプレイオフの試合があるからよかったらおいでと言って下さって、行くことに。
ジェノバのチェントロ駅から歩いて20分かからないところにあるスタジアム。
1990年にイタリアでワールドカップが行われたときに使用したスタジアムらしいです。
a0059035_225753.jpg


a0059035_2372429.jpg

しかもこのGENOAはかつて三浦和義選手が在籍したチーム、だからジェノバの人はカズを知ってます。カズが在籍したときはセリエAだったのですけどね。。。
残念ながら最近、八百長発覚で降格したのです。。
で、今日はプレイオフとあって負ければ残留、勝てば昇格というとても白熱した試合だったです。軽い気持ちで観戦した私は周りの人の盛り上がりぶりにびっくり仰天。
見事2-1で勝利し、来期はBに昇格。さっきまで白熱してた隣の席の叔父さん、私の顔を見てにっこり、ウインクまで。
GENOAおめでとう!!
a0059035_2381450.jpg
今年八百長発覚し、セリエAから降格したユベントスのカンナバーロ選手、デルピエロ選手がそのまま在籍することになったらしく、来期このスタジアムに足を運ぶ楽しみが増えそうです。
[PR]
# by ciao-miho | 2006-06-04 22:36 | ジェノバBaldin日記 | Comments(0)

ここ最近自分の中でずーっと悩んでた”料理人の世界とは”というテーマ。
ちょっと大げさで変かもしれないけど、ずーっと壁にぶち当たってました。
研修に入ってようやく2ヶ月経とうというこの時期になんとなく自分なりに見極めることができるようになったのでは?!と感じています。
レストランの厨房の中では
とにもかくにもシェフが一番偉くて、すごいのです。
シェフに要求されたことは最優先、
シェフが盛り付けしたもの、作ったものはすべて素晴らしく、美味しいのです。
こういう世界に今いるのだからその中で自分なりに本質を見て、見極めることで自分が気持ちよく仕事ができ、働けることに感謝して、シェフを尊敬できるとじゃないかなと。。。
だから来週からもっと違う自分で頑張れると思うのです。
最近はここに居ても、私には意味があるのだろうか??そんなことばかり考えていました。
今週はとてつもなく忙しい毎日でした。毎日夜中の2時すぎに寝る毎日でした。。。。
リフレッシュして来週からまた新たに頑張るのみです。
[PR]
# by ciao-miho | 2006-06-03 23:15 | ジェノバBaldin日記 | Comments(0)

私のアキレス腱

最近困ってること。
アキレス腱が金曜日になったら痛むことです。
日、月曜日休んで、火、水、木曜日仕事して。。。。
そして金曜日には痛くて我慢できない状態。。意識するとアキレス腱に痛みがやってきます。忘れているときはいいんだけど、思い出すと、痛みがやってくる。。。湿布を貼っても効果なし。。
スペシャリストの旦那様に電話したら、マッサージが必要とのこと。
自分ではうまくできないので入念にストレッチをするしかないみたい。
明日からストレッチで痛み予防だね。
[PR]
# by ciao-miho | 2006-06-02 00:37 | ジェノバBaldin日記 | Comments(0)

小包届いたー

今日はお昼前にいつものようにドルチェの仕込みをしていると
ミケーラに美穂にパッコ(小包)が届いたわよーって
旦那様にいろいろと送って欲しいものをお願いしていたのだ。
今回送ってもらったもの
ダ・ヴィンチ・コード単行本三冊
CD-R(日本のアーティストの楽曲)
折り紙
おせんべい
味付け海苔などなど
毎日の食事はレストランで賄いを食べるので定休日のみ自炊なのについつい日本から食材を頼んでしまう私。。
旦那様、かなり仕事が早い人間なのですぐに頼んだものを送ってくれた。
やはりちゃんと届くかどうかはとても心配で。。。イタリアだけに。。
問題なく今回も届いた。よかったー。やっぱりパッコが届くとうれしい。。
家に帰って早速旦那様にパッコ無事到着を電話で報告。
最近の旦那様の趣味はイタリアにパッコを送ること。。。
イタリア生活4ヶ月経過、なんでも揃ってるんだけど、やはり日本のものはなんでも品質がいいですね。なるべくこちらで買えるものはこちらで買うようにしていますが。。。。
レストランで使う洗剤が手に合わず、すでにカサカサ、ぼろぼろです。
[PR]
# by ciao-miho | 2006-05-31 00:15 | ジェノバBaldin日記 | Comments(0)