Mihoのイタリア料理教室Sestri Ponente

<   2014年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

2014年セストリポネンテイタリア紀行 02/06/2014 ブラーノ島

2014年6月2日 

ムラーノ島から水上バスで移動し、ブラーノ島へ

ブラーノ島は漁師町。そしてレース編みが名産品として有名です。

さてさて楽しみにしていた魚介のランチです。

この日も快晴で暑かったので、スプマンテんで乾杯
a0059035_14242812.jpg
前菜の盛り合わせ

去年のレッスンで作った鰯のマリネ~。
a0059035_14273868.jpg
海老、烏賊、蛸、蝦蛄 
a0059035_14272971.jpg
イカ墨のリゾット、美味しかった~。

a0059035_14241019.jpg

魚介のフリット
a0059035_14250667.jpg
モエッケは脱皮したての蟹のこと。

この時期しか食べられないもの。

お店の人に聞いたらあるとのこと。

ラッキーでした!!

a0059035_14261180.jpg
a0059035_15214040.jpg
a0059035_14054016.jpg
お店の前で記念撮影


a0059035_14055862.jpg
レース編みのお店で有名なエミリア

中国産が多い中こちらのお店はブラーノ島で作られたものが揃います。

こちらでも皆さん真剣にお買い物されていました。^^v
a0059035_14060758.jpg

a0059035_14061733.jpg
ブラーノ島と言えばこのようにカラフルなお家がシンボル。

a0059035_14380781.jpg
お菓子屋さんのチェックももちろん忘れませんよ~^^;

a0059035_14062990.jpg
a0059035_14063889.jpg


本島に戻り、最後はリクエストのゴンドラ~。
a0059035_15205709.jpg
この日もしっかり食べて、お買い物もして心もお腹も満たされました~。

[PR]

2014年セストリポネンテイタリア紀行 02/06/2014 ムラーノ島

2014年6月2日 ヴェネツィア

この日はイタリアの祝日でした。

前日にヴェネツィアに入り、一日ヴェネツィア観光DAY

今回のセストリポネンテイタリア紀行で生徒さんたちが是非行ってみたい町

ダントツNo.1のヴェネツィア~

まずはヴェネツィアングラスで有名なムラーノ島へ

a0059035_14045997.jpg
a0059035_14051222.jpg
a0059035_14052760.jpg

ムラーノ島に到着すると、看板を持った人がいました。

ガラス工房が無料で見学できるとのことで、覗いてみました。

a0059035_14143741.jpg
a0059035_14144523.jpg
その後、直売コーナーへ

a0059035_14151100.jpg
a0059035_14145544.jpg
こちらで皆さんお土産をた~くさんGetされました~!!

きれいなアクセサリーがたくさんありました。

その後もムラーノ島の至る所にあるガラスショップでもお土産を^^;

クラシカルなもの斬新なものいろんなデザインがあり、見るだけでも楽しかったです。

ブラーノ島でランチを予約していたので、ブラーノ島へ水上バスで移動しました。

面白いものに遭遇しました。

島にはごみ処理場がないのかな?

物価の高いヴェネツィアですが、いろいろな事に経費がかかって大変なんですね~。
a0059035_14495432.jpg







[PR]

2014年8月のレッスンメニュー

大変お待たせしました~。2014年8月のレッスンメニューです。

6月に訪れたイタリア最北端トレンティーノアルトアディジェ州の

郷土料理を織り交ぜたレッスン内容です。

前菜:パプリカの肉詰め
Peperoni ripieni 

a0059035_15165510.png
オーブンで楽々調理で~す。


プリモ:菜園風スパッツレ 燻製したプロボローネチーズと一緒に
Spazle al ortolano con provolone affumicato
a0059035_15173626.png
夏野菜をたっぷり使った具だくさんなソースです。

スパッツレはトレンティーノアルトアディジェで食べたパスタの名前です。

今月はこのスパッツレも手作りしま~す。

面白い調理器具を使って作りますので、お楽しみにしていてくださいね~^^v

仕上げに燻製したプロボローネチーズをたっぷりけずっていただきます!!

メイン:鱧のフリット 蜂蜜ビネガーソースで

a0059035_15193811.png


夏と言えば、鱧、鰻~~。

夏らしく食欲増進効果のある甘酸っぱいソースで仕上げます。

付け合わせ:夏野菜のピクルス
giardinieri sottoaceti

夏野菜をあっさり仕上げのピクルスに仕上げます!!

ドルチェ:桃のコンポート 桃のジュレを添えて
Composta di peschi
a0059035_17145284.png


旬の桃を美味しく冷やして食べましょう~。

コンポートで作った美味しいスープでジュレを作って

キラキラに仕上げま~す!!



皆様のご参加をお待ちしておりま~す!!001.gif

※仕入れの都合により、食材が変更する場合がございます、ご了承下さい。

2014年8月のレッスン予定表はブログのカテゴリー
レッスン予定表"をご覧下さいませ。

教室に関する詳細はこちらをご確認下さい。

イタリア料理教室セストリポネンテのホームページ

[PR]

2014年セストリポネンテイタリア紀行 01/06/2014 2

2014年6月1日 

フィレンツェ観光を満喫し、早めに駅に向かいました。

駅地下の本屋さんで見つけた前から欲しかった料理本

全部揃わなかったけど、ある分はすべて購入。

日曜日と祝日が続くので、郵便局は休みのため

ミラノまでこの子達と一緒に旅をしました。

重かった。。。

a0059035_14485671.jpg

フィレンツエの駅の近くなるカンツゥッチ専門店に立ち寄りました。

もちろんカンツゥッチしか売っていません。

なかなか個性的な店主のおばさまでした~。
a0059035_16442848.jpg
a0059035_16444147.jpg
フィレンツエからヴェネツィアまで電車で移動し、

ホテルにチェックインし、晩御飯を食べにヴェネツィア本島へ

a0059035_14501969.jpg
a0059035_14501194.jpg

ヴェネツィア本島は迷路のような町

散策はほどほどに駅近くで晩御飯を
a0059035_14503703.jpg
a0059035_14504548.jpg
a0059035_14505160.jpg
a0059035_14483888.jpg

6名で食事はいつもシェフするのだけど、イタリア人には理解不能なオーダーのため

すべて一度に料理が到着します。

これだけが難点です。。。

ヴェネツィア本島の駅前でいいお店を見つけるのは難しい。。。^^;

帰りの電車は大変でした。

イタリア人の若者が騒ぐ騒ぐ。

基本的に声が大きいイタリア人が騒ぐともっと大変なのです。。大音量でした。

周りの乗客も騒音にかなりの迷惑顔でしたが、

だれも注意する人はいませんでした。。

a0059035_14484944.jpg






[PR]

2014年セストリポネンテイタリア紀行 01/06/2014

2014年6月1日

この日はフィレンツエ観光、ヴェネツィアに電車で移動する日でした。

日曜日の朝、ミケランジェロ広場まで市バスに乗車。

皆さん、電車、マイクロバス、路線バス、タクシー、市バスなどすべての乗り物に

文句ひとつなく乗って頂きました~^^。

この日も快晴。

イタリアの真っ青な空~~~。
a0059035_16421503.jpg
この日はチンクエチェント祭りでした。

a0059035_16422610.jpg
フィレンツェのチェントロを散策

a0059035_16423659.jpg
この日は日曜日とあって、ミサの関係でドゥオモの見学は午後からでした。

長蛇の列で見学は断念しました。

歩くとお腹が減りますね。

日曜日はレストランが休みのお店が多く、前日ウォーキングの際に探してみましたが、

気になるお店は残念ながら休日。

第五感と第六感を信じて。。。。

旅も中ごろになると腸内環境が崩れる方も多数。。。

皆さんのリクエストは野菜~~~~。

これに関してはいつも私もそうなので非常にわかります。

野菜のスープ
a0059035_16440526.jpg
リボリータ(トスカーナ州の郷土料理)

野菜、豆がたくさん入っていて味わい深いです。

a0059035_16435276.jpg
アスパラガスのリゾット

a0059035_16434024.jpg
最後のトスカーナの料理なので、サラミ

ここのサラミが非常に美味しかったです。

a0059035_16441248.jpg
a0059035_16425860.jpg
a0059035_16442199.jpg
Trattoria Gabriello dal 1858

via candotta 54r firenze

その後、自由行動タ~イム!!

フィレンツェは比較的安全な街なので、せっかくなので自由に散策して頂きました。

私は腹ごなしにウォーキング

観光客で溢れるフィレンツェに分別のごみ箱

おしゃれ~~。


a0059035_16432974.jpg
ポイ捨てがなるなることを願いつつ。。。









[PR]

2014年セストリポネンテイタリア紀行 31/5/2014 2

2014年5月31日の夜ご飯

ルッカで料理講習会後、ルッカのチェントロを散策し

直行バスでフィレンツエに戻りました。

少々お疲れ気味の生徒様のリクエストで

この日の夜ご飯はフィレンツエのホテルの近くのトラットリアで~。

赤ワインの名産地モンテプルチャーノを選びました。
a0059035_16160755.jpg
お水のボトルのデザインが良かったので撮影~^^;
a0059035_16161616.jpg

この日のお目当て、やはりビステッカアッラフィオレンティーナ

Bistecca alla fiorentina

Tボーンステーキはフィレンツェでは食べとかないと~!!

赤身を炭火で焼くと美味しいですね~~。

a0059035_16164028.jpg
トラットリアなので、ピッツアメニューもありました。

シンプルにマルゲリータ なかなか美味しかったです。
a0059035_16162718.jpg
大きな店内は観光客も多い中、満席状態。

活気がああり、料理も美味しかったです。

a0059035_16155947.jpg

Trattoria dall'Oste

via luigi alamanni 3/5R FIRENZE

その後、私はフィレンツェのチェントロを約一時間ほどウォーキング

夜9時過ぎの夜景です。フィレンツェは何度来てもいいですね~。

ウォーキングしたけれど、ちゃかり食後おジェラートを平らげました^^;

a0059035_16295320.jpg
a0059035_16300159.jpg
a0059035_16300927.jpg




[PR]

2014年セストリポネンテイタリア紀行 31/05/2014

2014年5月31日土曜日

この日はフィレンツエからルッカに電車で行き

私の母校ルッカ料理学院でジャンルーカ校長による料理講習会!!

今回の旅はこの講習会が決定してから、スケジュールを立てたくらいでした^^;

私の念願が叶いました。いつか自分の教室を主宰した時には必ず生徒様をルッカにお連れする~~という願いが。。。^^v

この一日を私たちのために講習会をしてもらえるなんて、運が良かったとしか言えません。

東京の文流の石田さんのご尽力の賜物です。Graziemille!!

フィレンツェからルッカまで電車で約1時間半、そこからタクシーで10分ほどでルッカ料理学院に到着。


一日中、小鳥のさえずりが~~~。静かでいい場所です。
a0059035_19505966.jpg
可愛い食卓です。留学生が毎日朝昼晩食事をとる場所です。
a0059035_19511046.jpg
ジャンルーカ校長
a0059035_19512206.jpg
学院内の厨房です。
a0059035_19513325.jpg
お花は色鮮やかです。
a0059035_19514279.jpg
皆さん、真剣でした~~^^v
a0059035_19515246.jpg
私たちがこの日習った料理たち

Trota con verdure di stagione e maionese leggera
a0059035_19520201.jpg
Pesce sciabola con pangrattato di erbe
a0059035_19521359.jpg
Ravioli di melanzane in salsa di pesce spada
a0059035_19522050.jpg
Seppie con pomodoro e bietola

a0059035_19523930.jpg
Crostata di fragole rustica
a0059035_19525189.jpg
みんなで記念撮影
a0059035_19531703.jpg


ジャンルーカ先生、ちょっと老けたけど、元気で気さくで相変わらずだった!!

どんな人に対しても変わらないところがいいと私は思う。

生徒さんたちもこの場所がとても気に入ったようで私も嬉しかったです。

帰りはアクシデント発生!!

私たちの乗車するタクシーの前の車が溝に挟まっていて、立ち往生!!

タクシーのおじさんがロープのようなもの持っていて、すぐにタクシーで引き上げたので、待たずに済みました。

大型のタクシーで良かった良かった^^;

やれやれでした~~。
a0059035_19532839.jpg

帰りはルッカのチェントロを少し散策。

可愛い城壁の町ルッカ。

懐かしい思い出の町です。
a0059035_19534615.jpg
ルッカの大聖堂





[PR]

2014年セストリポネンテイタリア紀行 30/05/2014

201年5月30日金曜日

この日はローマ観光

ローマから地下鉄でバチカン市国へ

a0059035_15135682.jpg

午前中にバチカン市国に到着しましたが、
すでに長蛇の列。
残念ながらサンピエトロ寺院の見学はパスすることに。。。

タクシーでトレヴィの泉へ

a0059035_15134166.jpg
昼食は去年も訪れたお店へ

ユダヤ風カルチョッフィのフライ 

a0059035_15141615.jpg

ズッキーニのフリット
a0059035_15142736.jpg

トンナレッリ 海老とズッキーニのソース
a0059035_15145695.jpg

ローマと言えばカルボナーラ
a0059035_15151102.jpg
仔羊の煮込み
a0059035_15143717.jpg
a0059035_15263814.jpg
Ristorante Matricianella

Via del Leone, 4 Roma

Tel:06-6832100

日曜日休み




食後、スペイン広場まで歩きながらショッピング。

a0059035_15262894.jpg


その後、タクシーでホテルに戻り、電車でフィレンツエに向かいました。



[PR]

2014年セストリポネンテイタリア紀行 29/05/2014

2014年 5月29日 木曜日

この日はローマからナポリへ。

ナポリを南下し、サレルノよりさらに南パエスツゥームにあるモッツラレラチーズ工場の見学、

そして生徒様のリクエストのアマルフィ散策、ポンペイ遺跡見学と盛りだくさん。

ローマテルミニ駅より朝5時の電車に乗車し、ナポリへ。

案の定、電車は遅延し、電車からドライバーに電話。

ナポリからは予約していたマイクロバスで一日移動で楽々でした。

モッツアレラ工場が12時には仕事が終わるので、急いで現地に向かってもらいました。

モッツアレラチーズ工場 Barlotti社

工場内は英語かイタリア語で案内してくれます。

なんとか私が通訳いたしました。。。

a0059035_14365694.jpg
a0059035_14354117.jpg

下の画像の赤ちゃん水牛は生後一週間目で母親と離れて過ごします。

大き~~~い哺乳瓶でミルクをもらっていました。

長い時間、母牛と一緒に過ごすと、母牛の方が離れた時にストレスでミルクが出なくなってしまうのを防ぐためだそうです。

ヨーロッパではこのような方法を取るそうです。イギリスはまた違うそうですが。。

(私の通訳によるとこのように説明されていました^^;)
a0059035_14411571.jpg
工場内も快く見学させてもらえます。


a0059035_14355121.jpg

引きちぎる作業

チーズの温度はかなり高いです。

小さくちぎったチーズをのを味見させてくれました。
a0059035_14360014.jpg


こちらは機械にいれて、成形するタイプ

a0059035_14360949.jpg

チーズ作りは力を要する大変な作業なので、皆さんとてもがっしりしています。
a0059035_15012942.jpg
この場所で水牛の搾乳をします。

a0059035_14363160.jpg
バルロッティ社のオーナーと記念撮影
a0059035_14371525.jpg
併設のレストランで食事ができます。
a0059035_14381577.jpg
出来立てほやほやのモッツアレラチーズ
a0059035_14375202.jpg

水牛のリコッタチーズは絶品でした。
a0059035_14380430.jpg
a0059035_14373685.jpg

水牛のミルクで作ったカプチーノは貴重!!
a0059035_14382469.jpg

もちろん、買って帰れます!!

a0059035_14370457.jpg
イタリア料理教室ならではのツアーが出来、貴重な一日となりました。

ナポリ中央駅は数年前は工事中だったのに、綺麗で斬新なな南イタリアの玄関口に変身していました。

a0059035_14564083.jpg



[PR]

2014年セストリポネンテイタリア紀行 28/05/2014

2014年5月28日水曜日 快晴

いよいよ2014年セストリポネンテ、イタリア紀行がスタートしました。

イタリア料理留学から帰国後、大阪市内のイタリア料理店で修業を重ね、

帰国後3年を経て、イタリア料理教室を主宰。

今年で5周年を迎えるにあたり、

なにか記念に残るイベントとして思い切って生徒様をイタリアにお連れしようと。。。

私の願っていたことの一つがようやく叶いました。

関空のアリタリア航空のカウンターにてキャンペーン中ということで

ビジネスクラスへのアップグレード料金は58000円

お席を変更された皆様、ゴージャスな旅の始まりでしたね~^^v

a0059035_14192438.jpg
アリタリア航空 関空→ローマ直行便 


[PR]