<   2006年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

小包届いたー

今日はお昼前にいつものようにドルチェの仕込みをしていると
ミケーラに美穂にパッコ(小包)が届いたわよーって
旦那様にいろいろと送って欲しいものをお願いしていたのだ。
今回送ってもらったもの
ダ・ヴィンチ・コード単行本三冊
CD-R(日本のアーティストの楽曲)
折り紙
おせんべい
味付け海苔などなど
毎日の食事はレストランで賄いを食べるので定休日のみ自炊なのについつい日本から食材を頼んでしまう私。。
旦那様、かなり仕事が早い人間なのですぐに頼んだものを送ってくれた。
やはりちゃんと届くかどうかはとても心配で。。。イタリアだけに。。
問題なく今回も届いた。よかったー。やっぱりパッコが届くとうれしい。。
家に帰って早速旦那様にパッコ無事到着を電話で報告。
最近の旦那様の趣味はイタリアにパッコを送ること。。。
イタリア生活4ヶ月経過、なんでも揃ってるんだけど、やはり日本のものはなんでも品質がいいですね。なるべくこちらで買えるものはこちらで買うようにしていますが。。。。
レストランで使う洗剤が手に合わず、すでにカサカサ、ぼろぼろです。
[PR]
by ciao-miho | 2006-05-31 00:15 | ジェノバBaldin日記 | Comments(0)

acciughe salate (塩漬けのかたくちいわし)

今日はシェフが大量にかたくちいわしを買ってきた。
いつも店のかたくちいわしのオイル漬けは手作り、それにしては多すぎる量なのだ。
シェフとよしさんが昼の営業終了後、黙々と処理をしている。
今度は日本で梅干を漬けるような瓶にイワシ、sale grossoを交互に重ねていく。
今日はこれで終わり。
シェフに完成までの工程を尋ねてみる。
次の日は魚の水分が出ているので水分を捨て、重しをする。
それから水1に対して塩1の食塩水salamoiaを作っておく。
この水分が透明になるまでそれを繰り返す。(2.3日)
作っておいたsaamoiaを上からかけて、また2.3日様子を見る。
2ヵ月後には塩漬けのかたくちイワシの出来上がりらしい。
この時期はいつもこうやって作っておくそうだ。
日本にも保存食の文化はたくさんあるけれど、イタリアにも同じようにいろんな保存食の文化があるんですね。
もうすぐトマトの瓶づめもたくさん作るんだって。
楽しみだな。
塩漬けかたくちいわし観察日記をつけていきますのでまたの報告をお楽しみに。
a0059035_2234358.jpg


a0059035_22343628.jpg
[PR]
by ciao-miho | 2006-05-30 21:29 | ジェノバBaldin日記 | Comments(0)

IMPERIAという街

今日は私の住む街GENOVA SESTRI PONENTEという街から西へ電車で2時間程の街IMPERIAにあるレストランへ行ってきました。
この街、SAN REMO(サンレモ)にも近く、昨日F1が行われていたMONTECARLO(モナコ)にも電車で1時間ほど、フランスのNICE(ニース)へも2時間とかからないところに位置しています。駅に降りて海側に10分も歩けば、海岸通りがあってとても綺麗な海を眺めることができます。あーリグーリア州に来て幸せーって思える瞬間です。
さて今日の食べ歩きはうちのシェフと同じ若きヨーロッパシェフの会のシェフのお店AGRO DLCE(アグロドルチェ)というお店にルッカ料理学院の私より一期前の藤原さんが働いているので行ってきました。
うちのシェフが予約してくれたので、お店に入って、まずはシェフとマダムにご挨拶。
お店は白で統一されていてとても清潔感のあるお店。
a0059035_6305372.jpg

レストランの正面が海、レストランのメニューもすべて海の幸でした。
コースをお願いして、厨房に一番近い席にしてもらって、シェフやスタッフの動きをお料理が出てくる間ずっと見ることに。
ワインは白でVIGNA SORI POGGI DEI GORLERI 品種はVERMENTINO
前菜3品(鰹の燻製セロリのソース、ホタテ貝のグリルアスパラガスと黒トリュフノズッキーニのクリームソース仕立て、たらのフリットバーニャカウダ、オリーブのソース添え)
プリモ(パッケリのマグロのカラスミ、モッツアレラチーズ,トマト添え)
セコンド(黒鯛のグリル温野菜添え)
ドルチェ(ヨーグルト風味のババロア、イチゴとオレンジのソース添え)
小菓子、カッフェ
a0059035_6313948.jpg


a0059035_632818.jpg




a0059035_6324260.jpg




料理の盛り付けはとても繊細、シェフのカラーっていろんなところに出るんだなーと思った。
こちらのシェフは厨房内もいつも綺麗にしていないとかなり怒るそうだ。
だって厨房とっても整頓されてて綺麗だったもんなあ。。。
やや神経質なシェフのよう。。。それに比べてうちのシェフときたら。。。
いやいやとなりの芝は青く見えるものとはこういうことだ。
美味しく食事を頂いた後は藤原さんとよしさんと三人でバールでカフェ。
藤原さん、6月からはシチリアのパレルモにあるレストランで働くのだそう。(もちろんルッカ料理学院のジャン了承済み)
私もいろんなレストランを見てみたい気もするなあ。。。。
この街、かわいくて綺麗な家やアパートばかりで、海にも近いし。。。
いいなあこの街に住みたーい。
やっぱり海はいいぜーの週末をまた過ごしてしまった。
a0059035_6332452.jpg


a0059035_6335821.jpg
[PR]
by ciao-miho | 2006-05-29 05:45 | ジェノバBaldin日記 | Comments(0)

引越し物語3 

引越し延期(5月26日)

シェフ「ごめん、今度のアパートはとても可愛くて綺麗なんだー、部屋も広いし、キッチンも居間もあるんだよ。壁を塗り替えたんだけど、まだ乾いていないから一週間引越しが延びるんだよ、シェフの友人が一人で作業してるから、ちょっと時間がかかるんだ。。。」

二人「。。。。。」

改装までしてくれて綺麗なアパートに住めるのはとても有り難いし、楽しみ!!
引越しも確実になったし(シェフを疑っててすみません)、荷物もまだちゃんと片付けてないし。。。さらに一週間待てば、新しくて広い部屋に移動だと思えば、今のところ心もうきうきだ。
[PR]
by ciao-miho | 2006-05-26 03:56 | 引越し物語 | Comments(0)

dai dai dai   頼むよおーーー

シェフがいつも忙しくなって私に言う言葉
dai dai dai 頼むよー。
苛々してくると言われる。。。
dai veloce  頼むよ、早く
名前で言われるときははまだまし、
ダビデとよしさんと私をまとめて お前たちーみたいに言われるんだな。
ragazzi----てね。
もっと汚い言葉沢山使うし。。。
日本でもイタリアでも料理人って忙しくなったら理不尽に怒り出す。
こうなると厨房で私たち三人は無言でせっせと動くのだ。。。。。
あー楽しくない空間だ。。。
私たちも頑張って動いてるのにね。
シェフってそんなに偉くて、特別なのかよーって料理人経験のない私はそう思う。
もっと子分を大切に思ってくれるシェフであってほしい。
[PR]
by ciao-miho | 2006-05-25 23:53 | ジェノバBaldin日記 | Comments(1)

Fra poco Coppa Mondiale e aperto.

2006年、6月と言えば。。。
そうです、ワールドカップドイツ大会です。
イタリアではセリエAで八百長が発覚し、ユベントス、ラッツィオがセリエbに降格。。。
ACミランはオーナのベルルスコーニの力のお陰?!か警告のみでセリエaに残留。。。
5月の後半のイタリアサッカー関係はこの話題で持ちきりでした。
さてこんなわけでイタリアサッカー代表たちも気持ちよくワールドカップに向けてモチベーションあげて頑張っていけるのでしょうか?
今年2月に開催された冬季オリンピックトリノ大会や、ワールドカップドイツ大会。。
2006年にイタリアに居る自分がうれしいです。(ワールドカップはドイツですけど、同じヨーロッパ圏なので。。。)
大会関係のスポーツニュースが見れるし、ダイレクトに情報が入るので今から楽しみです。
きっとイタリア代表の試合があるときはレストランは暇なんだろうなあ。。。
やはりイタリアはサッカーを愛する国だし。
残念ながらドイツには行けないけれど、テレビで日本戦、イタリア戦は応戦するぞー。
その時にはテレビで試合が見れたらいいだけどきっとレストランの厨房の中だな。
[PR]
by ciao-miho | 2006-05-24 23:12 | ジェノバBaldin日記 | Comments(0)

最近思うこと。。。。

今日は火曜日、研修生活も一ヶ月半を経過した。
毎日の流れや、一週間の流れのペースもつかめてきたところ。
日、月曜日が定休日のため火曜日が一週間のはじまり。
私も週の始まりの火曜日は元気にスタートと言いたいところだが、
最近は自分に与えられた仕事も増えてきて、それに答えようと頑張るんだけど、うまくいかなくてシェフに怒鳴られたりすることもあって。。。
弱気なときは何も起こらない一日でありますように。。。とか、やることが沢山ある日は、今日は働くのは嫌だなーなんて思うこともあって、そんな風に思うときは私らしくないなーなんて思うのだ。
同じことで怒られたりするのは嫌だし、なんでも日本人はハイハイって言うこと聞くって思われたくないし、自分に非があるわけでもないのに謝ったりするの嫌だし、とにかく私は自分の意見はシェフや一緒に厨房で働くダビデに言葉で伝えたいのだ。
ある人が言ってたんだけど、もしあなたが完璧にイタリア語を理解してて、話せたとしても、イタリア人のコックにあなたの意見を述べたところで、すぐに相手は忘れるし、とにかく話にならないんだよーあの人たちは。。。とのこと。
でもでも、そうだとしても今の私は自分の意思を伝えたいんだよね。どうしても。
それが諦めになったときは私はどなるんだろう???
[PR]
by ciao-miho | 2006-05-23 22:46 | ジェノバBaldin日記 | Comments(0)

引越し物語2 

引越し決定(5月23日)

週明けの火曜日、忙しく仕込みをしていると、
シェフ「よし、ミホ、来週の火曜日引越しが決まったよ!!」
二人「本当に??」
シェフ「だから今週末は荷物をちゃんとまとめておいてね」
来週の火曜日ってことは5月30日。仕事が休みの日、月曜日に引越しさせてくれたらいいのに。。。
とにもかくにも、決まってよかった。しかしなんだかんだ荷物は多い。。2月からイタリアに来たので
冬物衣類が結構かさばる、いろいろ買った料理本もかなり重い。。。。
引越しが決まったら決まったで、今度は荷物の整頓が邪魔臭い私であった。。。
[PR]
by ciao-miho | 2006-05-23 03:54 | 引越し物語 | Comments(0)

ジェノバは素晴らしい季節です

今日は日曜日。
学校の一期前のまささん、本郷さん、二期前のいとうさんがジェノバに来てくれるとのことでシェフの友達の店にランチに行ってきた。
私の住む街GENOVA SESTRI PONENTEから電車で40分くらいかな?GENOVA NERVIという駅から歩いて5分くらいのレストラン。
この駅、海に面しててとーってもきれいなんです。
a0059035_19295614.jpg



私の住む街の駅周辺は残念なことに造船関係?!の工場があって駅も海もすぐ目の前なのに工場があるのでなんにも見えなーーーい。
それに比べてこの駅付近はリグーリア州の特徴が思いっきり発揮してる印象を受けました。
北イタリアに属するのに温暖なリグーリアの南国ムードたっぷりなんです。
街もかわいくてきれい。なによりも海が青々していて目に眩しい。。。
レストランはおしゃれな内装でモダンな感じ。
a0059035_1931892.jpg



私たちは無理を言って、少しずついろんなものをいただけるようにお願いした。
私にしたらうちのシェフが出すお料理とどんな風に違うのかを見てみたかった。
メニュー表を見せてもらったけど、メニュー数、使っている食材とかはうちのシェフのほうが多いと思った。だから値段もうちのシェフのほうが高めだなー。
前菜の盛り合わせ、プリモ2種、セコンド1種、ドルチェ一種、ワイン2本で一人60€。
a0059035_19321079.jpg

質、味でこの値段は高いと思った。申し訳ないけど。。。
みんなで料理に関する話で盛り上がったので私には勉強になることばっかりやったし、楽しい時間を過ごせてよかった。
帰りはルッカ組みと新しいスタージュ先ベルガモに行く本郷さんとお別れして海の綺麗な駅で一人で途中下車して帰ることにした。


GENOVA QUARTOっていう駅で降りるとこれまた目の前が海ーーー。みんな水着になって頑張って日焼けしてる。海辺で本を読んだり寝そべったり。。。私もこれまたそこに混じって海を眺めてみた。
a0059035_19341855.jpg
それからバスがチェントロまであるみたいだったのでタイミングよくバスが停車したので乗って帰った。海はいいぜ!!
[PR]
by ciao-miho | 2006-05-21 18:57 | ジェノバBaldin日記 | Comments(0)

引越し物語

あらすじ

私がレストラン研修に入ったのが4月、シェフが研修先の住まい(アパート)を別の場所に変えると学校に居るときから聞いていた。
実はアパートが狭いため(先に研修に入っている別の日本人が居るため)、研修を一度断られていた。一ヶ月後には別の場所に引越しと聞いていたし、どうしてもここに研修に
入りたいとお願いしオッケーが出た。狭いけど、一ヶ月の我慢と思って4月は頑張った。
4月末にシェフにいつ引越しできるのかと尋ねると、まだ準備ができていないとのことであと一ヶ月待ってほしいとのこと。
4月の一ヶ月間は研修がスタートし、何もかもわからないままひたすら頑張った一ヶ月だった。
5月はいろんなことがわかり始め、また生活にも慣れ、それなりにストレスも感じるようになっていた。
そんな5月もなんとか乗り切って、5月末にシェフにいつ引越しできるか尋ねた。


引越し物語1 早く引越ししたーい(5月20日)


シェフ「そんなに引越ししたいの?何か今問題あるの??」
私「特に問題はないけど、いつまで引越しは延びるの?」
シェフ「私も大家さんにいつ??っていつも訊いてるんだよ。」
私「(ほんまかな?)そうなの、じゃあ決まったら教えてね。」
シェフには申し訳ないけど、本当に引越しできるのかどうかシェフを疑う私だった。。。
まだこの時点での私にはイタリアっていう国にこの後どれだけ振り回されるのか知る予知もなかった。。(continua)
[PR]
by ciao-miho | 2006-05-20 01:08 | 引越し物語 | Comments(0)

大阪府大東市内の自宅と大阪市西区北堀江でイタリア料理教室を主宰しています。


by ciao-miho
プロフィールを見る
画像一覧