<   2006年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

STADIO SAN SIRO

今日、明日は休日。
貴へ会いにミラノへ。
せっかく日本からイタリアへバカンスに来ている親友とゆっくり食事もしたいし、ミラノで一泊することに。
ミラノ中央駅まで徒歩10分かからない場所の4つ星ホテル。でもネットで予約したからかなり格安でシングル一泊59€。ご参考までhttp://www.booking.com

で、セリエAの試合も見ることに。
ジェノバからミラノまで電車で2時間。
昼過ぎにミラノに到着して、ホテルにチェックインして、STADIO SAN SIROへ急ぐ。
地下鉄でDUOMOまで移動し、トラムでSTADIO SAN SIROへ。
3時からのゲームに大勢の人で賑わう。
チケット売り場は長蛇の列。
メインスタンドの2階席で28€でした。
今年はドイツで開催されるワールドカップのため
セリエAの試合も5月14日が最終。しかも今一位ユベントスと二位のミランの点差はたったの3点。こりゃ盛り上がるわーの話なのです。
サッカーには詳しくないので試合の内容は書けないけど、これぞプロのサッカーという試合を見ることができ、満足。ミランのインザーギの2得点でミランの勝利でした。
ミラノは4月末だというに、風が冷たくて寒かった。。。
a0059035_2348167.jpg



その後、貴と待ち合わせして食事へ。
日曜日とあってどこのレストランも閉まっていた。
なんとか見つけて、べたべたのミラノ郷土料理、ミラノ風カツレツを食べた。
油っぽくなく美味しかった。
貴とはゆっくり話はできなくて残念だった。私はなぜかテンションがあがらず、正直十分に楽しめなかった。自分のコンディションが悪かったといえば言い訳かな?
a0059035_23505424.jpg
[PR]
by ciao-miho | 2006-04-30 22:36 | ジェノバBaldin日記 | Comments(0)

研修中のイタリア語について

昨日、今日と失敗続きの私。
やっぱりもっと自分がイタリア語を話せたら、理解できたらと思う。
シェフやダビデ、そして自分自身にも不便だから。

今日は研修中のイタリア語について
料理留学を考えている人沢山いると思います。
日本でイタリア語少しでも勉強してからイタリアに来ることは仕事を早く覚える、こなすためにもまた仕事上コミニュケーションをとるためにも重要だと思います。
私は今その語学の壁にぶちあたってます。
私は趣味ではじめたイタリア語、長い間続けてはきたけれど、日本でイタリア人の友達が居たわけでもないし、イタリア語で会話するのはイタリア語教室で週に一回。
今ここに来てなかなか現場ではぺらぺら話せることはできないし、彼らの話すイタリア語を完璧に理解できずにいます。
語学力はコップにそそぐ水のようなもの。。。溢れ出すとそのように話せるようになると先輩に言われました。焦らずこつこつにと。

仕事でのミスや言葉でのつまづきの毎日だけど、今のところはそれをすべてエネルギーに変えることができる自分がいます。大好きな国と言えども、外国で生活する、仕事をするのに欠かせない語学の壁にぶち当たってます。きっと何度もこの壁にぶちあたるはず。打破打破していきたいな。
[PR]
by ciao-miho | 2006-04-29 05:43 | ジェノバBaldin日記 | Comments(0)

Benvenute la grande amica!!

今日は貴が日本からバカンスでやってくる。
ゴールデンウィークを利用しての休暇だ。
昨日ミラノに到着して、今日はジェノバの私の研修先のBardinへランチに来てくれるのだ。
朝、昨日の失敗を挽回するべく、気合十分の私。
なんでも与えられた仕事をこなすのは好きだし、努力もそれなりにするから失敗は大嫌い。

「失敗は成功のもと!!同じ失敗を繰り返さない」 雲国際

シェフに今はなんでもかんでも報告、連絡、相談。ってことだ。
そうすればシェフが私に与えた仕事を理解しているかダイレクトに伝わるからだ。
シェフは私に解り易いイタリア語で話するのは得意じゃないし、また私の語学力ではシェフにうまく伝わっていないときがある。
ダビデは噛み砕いて話してくれるし、私のつたないイタリア語でも理解してくれるが、シェフはそうはいかない。

今日はクレーマザバイオーネが少なくなっていたので作ることに。
ここ一ヶ月で何度かは作っている。だからいつもどうりにやっていたら
シェフに、美穂何作ってるの?また一気に顔色が変わる。。。
クレーマザバイオーネです。
この作り方は間違ってる。
作ったことあるよね、ないの?どっち?忘れたの?どうして忘れたのらシェフに聞いてくれないの??
ダビデの顔色が曇っている。
今日もやってしまったーーーーーー。
やはりお菓子というものは作り方の順序や温度や混ぜ方が一つ違えばまったく違うものになってしまうからシェフも厳しい。。。
ダビデ今日も私のせいで怒られた。
そのうちダビデに怒られそうやわ。
毎日なにやってるねんって。。
あー貴が来るのにテンション下がるわ。

貴から連絡が入り、到着の時間が遅れるとのこと。
シェフに伝えると笑顔でいいよーとのこと。
やっぱりイタリア人さっきまっで怒っていたのにもう笑顔。
貴がひろみちゃんを連れてご来店。
昨日、今日と失敗続きの私。貴を見てほっとする。
ちょっとだけ挨拶をしてすぐに厨房に戻る。
貴たちは食事を楽しめたみたいで、美味しかったといってくれた。
営業終了後、着替えて近くのバールでお茶をした。
二人ともイタリアへ語学留学の経験があるからいろいろ話を聞いた。
へこんでたけど、ちょっと貴に顔みて頑張れるようになったわ。

貴へ
日本から私が母と主人に頼んだいろんな荷物を持ってきてくれてありがとう。
[PR]
by ciao-miho | 2006-04-28 05:00 | ジェノバBaldin日記 | Comments(0)

Mamma mia

今日は失敗の連続。。。
シェフが私にPASTA SFOGLIA(パイ生地)をmillefoglie(ミルフィーユ)用に焼いておくようにと。三連休前にあったパイ生地をシェフと一緒に真空パックしたのを憶えているからお店にあると思ってた。
ダビデにDov'e messo?(どこに置いたの?)と聞くとないの?と言われて
休み前に沢山真空パックにしたから。。。。
ここにはないよ。
えっっ。。。。嫌な予感。。
シェフ、美穂生地がなくなったらその時にシェフに言いなさい。
だって3日前にたくさん真空パックして。。
そしたらシェフが同じ言葉を繰り返す。。お願いだからと言われた。
連休前にシェフが家に持って帰っていたらしい。
私が冷蔵庫にあるなしを私がチェックしないといけないのかよーて正直思った。
たしかに昨日カンノーリ(シチリア地方の伝統菓子)を作ったときに生地はなくなった。
だけど、他にもあると思っていた。たしかに冷蔵庫の中をチェックはしなかったけど。
あー。。。。上の三行が完璧にしゃべれたらなあ。。
結局ダビデがシェフに怒られる。
私にもシェフは注意はするけど私の失敗で怒られるのはダビデだ。
シェフとダビデ喧嘩ごし。。。シェフ37歳controダビデ若干21歳
イタリア人はその場で思ったことは必ず吐き出すし、すぐに口げんか。
その後は後腐れなく30分も経てば普通に会話してる。
そういうイタリアなところはすごいと思う私はやっぱり日本人。
もっと今の仕事に自信があって、言葉もイタリア人に完璧に伝われば。。

今日は夜も失敗した。
ドルチェのオーダーが入った。
洋梨のタターン
カスタードソースにサフランを混ぜて作ったソースをお皿に描いて、洋梨のタターンを置いて、パスタフィーロをシナモンパウダーを振って焼いたものをリコッタのスプーマをのせて洋梨の上に滑り台のように置く。

洋梨のタターンないです。。。。
シェフの顔色が一気に変わった。。。美穂、今朝も言ったけどどうしてなくなったときに言わないの??
ダビデとまた喧嘩だ。ダビデコックコートを脱いだので、怒って帰るかと思いきや、すぐ洋梨をもて来た。シェフ意地でも作り出しはじめた。
厨房の温度が一気に-20度くらいになったような気がしたのは私だけかな。。。
私今日2発目だ。。
後悔先に立たずとはまさにこのことだ。
しかも連続ミス。かなりへこむ私。
シェフに美穂、なんでもわからないことは尋ねてね。
ダビデに美穂、何でも僕に言ってくれないと、シェフは僕に怒るから。。。ごもっとも。
今日はごめんを言った回数が何回あっただろう。。。
ごめんしか言えないのでは自分が悲しすぎる。

明日は貴が日本からやってくる。
楽しみだなあ。気持ちを切り替えて明日は頑張る。
[PR]
by ciao-miho | 2006-04-27 04:04 | ジェノバBaldin日記 | Comments(0)

イタリア料理留学ならルッカ料理学院へ

さて三連休もあっという間に過ぎて、リフレッシュしたはずー。
研修と言えども、レストランは働く現場であって、お料理学校の厨房ではありません。
お客様から大切なお金を頂いて、美味しい料理を提供する現場。
今週は土曜日までの4日間元気に乗り切りたい。
毎日の日課のメールチェックで、今回お世話になった分流の高岡さんからメールが。
内容は文流でイタリア料理留学のホームページを立ち上げたのでそこに私のこのブログを搭載させてほしいとのこと。
このブログがこれから料理留学を考えている方々のほんの少しでもお役に立てたら、踏み台になれば。。
こちらのホームページもご参考に!!
http://www.lucca-italia.jp/#
[PR]
by ciao-miho | 2006-04-26 03:46 | ジェノバBaldin日記 | Comments(1)

イタリア解放記念日

今日イタリアは祝日です。
イタリア解放記念日で、朝から式典のテレビが流れていました。
祝日となるとお店はすべて閉まるのがイタリアです。
よしこさんたちは今日は午後にミラノに旅立つのでそれまでの間一緒に過ごすことに。
バスの本数も少ないし、慌てて電車でチェントロまで行った。
ローマ→フィレンツィエ→ジェノバと周ってきた二人は相当疲労が蓄積しているご様子。
もう歩きたくない二人。。。。
ここ二年程前に地下鉄がジェノバにも開通したらしく、今日は乗ってみることに。
はっきり言ってバスの路線も多いし、ジェノバの主要の駅間は歩いても30分掛からない距離。
沢山お店やバールがあるので楽しみながら歩けるし、地下鉄を有効利用するほどでもないのになんで作ったんやろうって思う日本人の私です。
イタリアの良いところは公共の乗り物の乗車料金が安いこと。
ここジェノバでは90分以内なら電車でもバスでも地下鉄でも乗り換えオッケーでたったの1€。
ジェノバのチェントロは大きな街だけど古い建物が多いので、地下鉄がとても近代的できれいでデザインもかっこよくて私はとっても気に入ってしまいました。
a0059035_0463194.jpg
a0059035_0511967.jpg






barで休憩して、二人と駅でお別れして家路についた。
ミラノでは買い物三昧で日本に帰国する二人。
相当買うんだろうな。。。
Buon viaggio!!
[PR]
by ciao-miho | 2006-04-25 00:28 | ジェノバBaldin日記 | Comments(0)

初夏のジェノバへようこそ

今日は連休二日目ー。
私は東京から来る友達のよしこさんと会う予定。
よしこさんと知り合ったきっかけは三年前にボローニャの語学学校に通ったときにホームステイ先が一緒だったので仲良くなった。
ジェノバに今私が居るので今回の旅行でジェノバに寄ってくれたのだ。
よしこさんは今回会社の同僚を連れてのイタリア旅行。彼女ははイタリア大好き人間でイタリア語もずいぶん前から習っている。お連れのえりりんは今回初イタリアらしい。

お昼過ぎに待ち合わせ。
シェフの友達のレストランへ行くつもりが見つからず、近くの薬局に尋ねたらそんなレストランないよと言われ、私もシェフにちゃんとレストランの名前聞いてなかったからすぐにあきらめて、薬局の人にお薦めなところを聞いてみた。
親切に電話してくれて、空いてるかどうか確認してくれて、住所まで書いてくれた。
駅からも近くとっても感じのいいトラットリアでした。
彼女たちはイタリアに来て食事をいつもbarで軽めに済ましていたらしく。。。
私にしたらせっかく来たのだから美味しいものを味わってもらわないとさ。
値段もとても良心的だった。三人でプリモ2品とお肉好きのえりりんのリクエストでビーフステーキを一皿注文。
べたべたのジェノバのプリモを食べて欲しく、ジェノベーゼのペーストを選択。
trofie al pesto
a0059035_0211872.jpg



trofieの意味を家に帰って辞書で調べたらリグーリアのパスタらしく生地を棒状に伸ばして両端をねじったニョッキ???と書いてあった。
よしこさん美味しい美味しいと連発してた。
良かったわ一緒に食事ができて、私も満足。
天気もよく初夏を感じるジェノバの一日、旅行者の彼女たちの買い物に付き合う。
私はDVDを3つ買って帰った。
ハウルの動く城と、千と千尋の神隠しとフォレストガンプ。
a0059035_0235182.jpg
イタリア語の勉強のためにね。
楽しい一日だった。
よしこさんえりりんありがとう。
a0059035_0232666.jpg

[PR]
by ciao-miho | 2006-04-24 23:47 | ジェノバBaldin日記 | Comments(0)

平凡な一日

今日は日曜日。
ジェノバは北イタリアに属するけど、とっても温暖な気候。
空が青くて、日差しが強くて、もう半袖でも大丈夫。
朝からいい天気でした。
コックコートを洗濯して、部屋の掃除をして、スーパーに買い物に行った。
今日は白ご飯を炊くためにお米を買った。
うまく炊けたけど、日本米のような粘りなしつや、甘みなし。。。
美味しい日本米が食べたいよお。。。。
[PR]
by ciao-miho | 2006-04-23 05:12 | ジェノバBaldin日記 | Comments(0)

三連休前の土曜日

明日から三連休。
今日のお昼の賄いはポレンタにたっぷりパルミがかかったオーブン焼き。
作ってくれるものはなんでも食べなくては。。。
日本ではポレンタを食べる習慣なんてないし、しかもたっぷりのチーズ。
相当なカロリーだろうなと思いながら食べた。
結構お腹いっぱいになったけど、お腹にもたれなかった。
ダビデの作る賄いは塩味が強すぎないので正直助かる。。
今日の昼の予約も少なく、スムーズに営業終了。
今週は予約も少ないからその分仕込みも少ないし厨房の掃除に時間を費やしている。
夕方いつもの時間に店に行くと予約が16名ほどになっていた。
今週で一番の客数だ。
シェフからやるべきことを言われる。
私はドルチェのクリームのチェックと小菓子の補充とカンノーリの成型。
昼にドルチェの冷蔵庫の掃除のためドルチェ類を別の冷蔵庫にダビデが小分けして入れていた。どこに何があるのかさっぱりわからない。。
こういう日に限ってドルチェのオーダー多いねんで。。。と独り言。。。。
まあなんとかなるか。。いつも勝手にそう思う図太い性格。
この連休後に料理のメニューと小菓子のメニューを全部変えると言っていた。
小さいカンノーリを作るようにシェフに言われたのでpata sfogliaで成型する。
今日の夜の賄いは新メニューに出す牛のほほ肉と豚の首のあたりのお肉を昨日から香草類と一緒に真空して75度の湯で10時間湯せんしたもの。肉の塊もこれだけ時間をかければ完全に中まで調理されている。今日はそれをみんなで試食しようとシェフが言っていたのでそれを食べた。香草の味が染み込んでいてどちらも美味しかった。私は牛のほほ肉よりもさっぱりした豚の首肉のほうが好み。これを美味しいソースで食べるならなお良いと思った。
ダビデがシェフに付け合せのなすびのフランを作るように言われていたので、私も観察。
賄い後は前菜に出すリゾットというよりピラフを飴玉のように透明の紙で包む作業。
その飴玉と一緒にpansanella(固くなったパンを水分に浸したもの、水、オイル、酢、塩、胡椒)の上にアンコウとトマトとオリーブとパセリの和え物をのせたものを出す。
飴玉のほうは昨日、ダビデが考案したらシェフが気に入ったのだ。
ダビデも一緒にやったけどどうも下手のようだ。
私のほうがましだったのでやっぱり私の作業になってしまった。
きをつかったてくれたのかチェックしにきたのかどうか知らないけど、何度もこっちにきてはブラーバと言って去っていく。やっぱりこういう作業は日本人のほうが断然向いていると思う。
たった3週間しかレストランで働いてないけど、イタリア人のコックさんって後先を考えなさすぎだと思う。他のレストランを見ていないのでわからないけど、使った道具は使いっぱなしだ。
きれいに使ったほうが、あとの作業も早いと思う。衛生的にもどうなんやろ?だから私はいつもシェフやダビデの使ったものを拭いたり、洗ったり、片付けている。こんなことばかりやっていたらシェフの作っているものが見れないので最近は諦めてほどほどに片付けることにした。自分が片付けたい時とタイミングを見て。。。。
今日は予約以外にも客が増えたけど以外にも11時半にはだいたい料理は出た。
最近はメニューを聞いたら何を準備したらいいか判ってきた。
bardinのいいところはプリモ、セコンドと担当がないので全員でやるってかんじ。
まあ人間がいないだけかもしれないけど。
あとはドルチェだ。これは私の担当。
案の定、どこに締まったか判らない冷凍庫に顔をつっこみ材料を探す。

今日は三連休前なので冷蔵庫の残り物チェックといつものように真空にして冷凍庫に入れて。
シェフの優しいところは魚や魚介の余ったものは休み前にくれるのだ。
今日は伊勢海老一匹と車えびともろもろ。
三連休のどれかに食べることにしよーっと。
シェフ有難う。
[PR]
by ciao-miho | 2006-04-22 23:55 | ジェノバBaldin日記 | Comments(0)

Il compleanno di mio marito

今日は旦那様の誕生日。
当然ながら会えないのでグリーティングカードを送った。
イタリアから帰るときには沢山お土産帰りますので。。
電話したら自分でケーキを買って帰ってきたそうだ。
なんだか侘びしいなあ。
春になって例如く忙しい毎日を送っているらしく、私が居なくてもきっと大丈夫なはず。
私も彼に負けず頑張らなくてはね。
私たち夫婦かなりの負けず嫌いでお互いいつも競争してます。
11月会えるといいねえ。
とにかく健康で仕事頑張ってね。
[PR]
by ciao-miho | 2006-04-21 23:02 | ジェノバBaldin日記 | Comments(0)

大阪府大東市内の自宅と大阪市西区北堀江でイタリア料理教室を主宰しています。


by ciao-miho
プロフィールを見る
画像一覧