2月終了

今日で二月も終わり。
仕事を辞め、主婦業の長期休暇を理解ある旦那さまから許可してもらって飛び立ったイタリアに来て一ヶ月が経過した。長いようで早かったな。
学校生活もあと一ヶ月。もっと早く過ぎるだろうな。
久々の学生気分を味わった一ヶ月。残りの一ヶ月も大切に過ごしたい。

2月最後のレッスンです。
前菜:Passatina di zucca con ricotta
   :Calamari farciti con insalatine
プリモ:Fettuccine sull'anguilla
セコンド:Coda di pescatrice su tortino di patate e olive
ドルチェ:Budino di cioccolato caldo

今日は魚のメニュー。
プリモのうなぎをつかったソースのパスタは元気なうなぎを酢水で窒息させました。
本当にぬるぬるしてて触れなかった。動きもニョロニョロしててちょっと苦手。
a0059035_6365624.jpg



a0059035_6371966.jpg



セコンドのあんこうはとても新鮮だった。日本のあんこうより身が軟らかいような気がした。
マリネしてオーブンで焼いただけなのに美味しかった。コントルノのジャガイモの一品も簡単で美味しくて日本人の好みに合うと思う。
この学校で学んだもので是非日本に帰って作ってみたいものが沢山増えた。
まだまだ日本には帰りたくはないけどね。(すんません、調子のってます。。)
[PR]
by ciao-miho | 2006-02-28 06:24 | ルッカ料理学校 | Comments(0)

鶏肉と宍戸譲

今日のレッスンは雌鶏(gallina)を頭の先から爪まで全部使ったレッスンでした。
今日の先生は国立の料理学校で教えている先生。
レストランのコックさんのレッスンと違って、料理学校の先生のレッスンは作業が丁寧でわかりやすい。5星のホテルのシェフのレッスンもやっぱり丁寧でわかりやすかったけど。。。。
今日の先生は宍戸譲似の男前の先生でした。
みんな「あー(納得の声で)似てるわ」

今日のレッスン
前菜:Crostini con interioradella gallia
プリモ:Brodo di gallina con taglierini
セコンド:Collo di gallina ripieno salsa verde
コントルノ:Verdure in agrodolce
ドルチェ:Zuppa inglese

今日は鶏のさばき方を動画で撮ったのでメモリーがいっぱいで静止画が載せれません。
今日の前菜のクロスティーニ(バケットを薄くスライスしたものに具をのせたもの)は牛乳→粉→卵液をつけて揚げたものに鶏のレバーと砂肝、心臓、玉道、アンチョビ、ケッパーをツナ缶を混ぜたもののパテをのせた。
今日のプリモのブロードはいつもの香味野菜に鶏の足を綺麗に掃除したもの、鶏本体をじっくり煮込んだもの。毎日綺麗に澄んだブロードを作ることができて幸せ。
みんなそのブロードを味見して、塩ラーメンがたべたいーよーって。penso di si !!
セコンドは鶏の首の部分に詰め物をしたもの、もちろん頭つきです。以外に鶏の首って長いんだなーと思った。鶏を2羽さばいて内臓を取り出す時、一羽からは玉道が一つもなかった。
雌鶏なのになー。。もつの掃除も丁寧にして、詰め物の材料に。モルタデッラとサルシッチャ、硬くなったパンを削ったもの、イタリアンパセリ、ビエトラ、パルミ(チーズ)を加えた具はなぜか魚肉ソーセージの味だった。まあまあ美味しかったかな。
[PR]
by ciao-miho | 2006-02-27 06:41 | ルッカ料理学校 | Comments(0)

POGGIBONSI

今日は毎週恒例の?研修先リストランテめぐり。
今日はルッカのお隣の県シエナ県のpoggibonsiという街まで行った。
ルッカ→ピサ→リボルノ→ポッジボンシ片道2時間半。
お隣の県といえどもローカルな電車の旅だと乗り継ぎをあわせても結構時間がかかる。
今日は敬宗がお世話になるリストランテLa Galleriaに敬宗とゆうちゃんとみっちーと私の4人で偵察に。
敬宗は昨日の晩御飯の時から緊張ぎみ。。食欲もいまいちの様子だった。。。。
電車は時間どうりに到着、街はルッカと違ってとても近代的で住みやすそうなイメージ。
実は敬宗はどんな田舎に僕は送り込まれるのかなっていう不安がかなりあった。
ほんと、取り越し苦労だったよねー。お敬君(byキム)
街を見て少し安心したのか笑顔になったのでやれやれ。
レストランには少し道に迷って到着。
駅から歩いてもほどよい距離、シェフが笑顔で出迎えてくれた。
La Galleriaのメニューは魚と肉がほぼ半々、連日昼も夜も地元の客で満席だそうだ。
今日の昼の営業はかなりお客は少なかったけど。
私たちはシェフから前菜は魚でプリモは魚と肉のそれぞれ一品とセコンドは肉で出すからと言われ、それで言いかと言われたので嫌だとも言えず、言われるがままお願いした。
前菜の盛り合わせにムール貝とサーモンのカルパッチョ、プリモは二品でスズキの卵が入ったタリアテッレ、いのししのラグーのニョッキ、セコンドは子牛のソテーにポルチーニのソース、ドルチェの盛り合わせを頂いた。シャンパンと白、赤ワインも頂いた。
食後、覚悟を決めた敬宗はシェフにサインをもらった。
a0059035_63213.jpg
その後、全員で厨房を見せてもらって、敬宗が住むアパートも見せてもらった。
とても広くていいところだった。
一ヶ月後にはみんなばらばらになって各研修先で働くことになる。
今はイタリア語が通じなくても、わからなくてもほとんど困らない環境。
私たちが語学で苦労するのは一ヶ月後から始まるなー。
みんな離れてもみんなで頑張ろうね!!
[PR]
by ciao-miho | 2006-02-25 05:46 | ルッカ料理学校 | Comments(0)

携帯電話 

こっちに来て、やっと携帯電話購入しました。
週末は学校が休みで、たいてい外出するのでやはり携帯電話がないと不便。。。
もしもなにかあった時に学校のメンバーと連絡取れるようにしておきたいし。。。
携帯電話を選ぶにあたって、一番重要視したのが携帯電話でインターネットに接続できる機種であることでした。研修先のアパートでメールをしたりインターネットを接続するには部屋に電話回線があればダイヤルアップで接続可能だけど、自分の部屋になりうるところにあるかどうかはわからないし、わざわざネットカフェに行くのは邪魔くさいし。。。
a0059035_3121924.jpg

校長のジャンルーカが携帯電話屋の友人を紹介してくれて、そこで購入することに。
隊長がいろいろ試して接続が可能になった(イリエーナにも感謝!!)ので、やっと購入することに。イタリアのメーカーのものでTIMの機種を137€で購入。イタリアではプリペイド式なので通話料金は使いすぎる心配なし。インターネットの料金は平日17時から翌朝9時までと土日遣い放題で月々25€のプランを選んだ。あと面白いのがtribu(イタリア語で部族という意味)というプランがあって、初回7€払うとtribuに加入している人同士なら通話料が格段に安いお得なプランがあったのでそれにも加入。これでいつでもどこでもインターネットできるし、連絡とれるようになりました。安心です。日本⇔私の携帯は通話料金が高いからみんな電話してこなくていいよー。緊急の時だけね。携帯番号が必要な方はご一報くださいませ。

さて今日のレッスンは
前菜:formaggi misti alla griglia con radicchio di Treviso
a0059035_3123929.jpg
右からprovola affumicata(イタリア南部産水牛の軟質チーズを燻製したもの),scamorza affumicate(カンパーニャ州の軟質のチーズ),tomini freschi(ピエモンテ州の山羊のミルクで作ったフレッシュなチーズ)



プリモ:Zuppa di farro
:Tortelli classici al ragu di carne
セコンド:Arrosto con funghi secchi con sformatini di patate


ドルチェ:Torta d'amaretti(左の画像):Torta d'erbe(右の画像)
a0059035_313093.jpg
どちらのドルチェもルッカの伝統的なトルタです。下の方はbietola(ふだん草)の緑色です。ドルチェだからちゃんとお砂糖たっぷり入ってます。



a0059035_3132889.jpg

最後に、昨日見事に金メダルを獲得の荒川選手万歳。日本では大騒ぎだったようです。
安藤選手が4回転に挑戦したことには感動しました。何度もジャンプに失敗して転倒して最後には涙を浮かべていたように見えた。彼女の演技を見ていて彼女の魅力を感じた人は多かったに違いない。すぐり選手は悔しかっただろうな。でも大健闘。女子フィギアスケートに感動した!!
[PR]
by ciao-miho | 2006-02-24 02:39 | ルッカ料理学校 | Comments(0)

今日のタイトルどおり、毎週木曜日は夕方からお料理教室が開催されています。
イタリア人がイタリア料理を習う、まあ日本人が日本の家庭料理を習うのと同じ感覚でしょうか。きっとお料理を作ることが大好きか、食べることが大好きか、ただ単に時間に余裕がある人たちなのか???、おじさん、おばさんたちが楽しそうに作っています。
人数は結構大人数で15.6人くらい。ジャンルーカがレッスンします。
ジャンルーカも楽しそうで、やっぱりレッスンで大切なことは自分自身も楽しむことだと思った。上手に教えることは大前提だけど、自分自身が楽しめないと、生徒さんも楽しむことなんて無理。美味しく作って、楽しい食事を楽しめる空間作り。。。。難しいなー。私にできるんかな??


今日のレッスン
前菜:Carpaccio caldo di nasello con caponatina di verdure
a0059035_2474046.jpg

銀タラを軽く温めた上にカポナータを添えたもの。





プリモ:Gnocchetti di patate arlecchino in salsa di galliella e pesto
a0059035_2504548.jpg
このニョッキは濃縮トマトとほうれん草とサフランで色付けしたものをこのように成型すると、、、



a0059035_251744.jpg
こうなります。すはま団子みたい。。。きれいです。






セコンド:Filetti di rombo alla maggiorana su crema di carciofi
a0059035_2483164.jpg
イタリアの平目ちゃんは石模様です。頑固そうな見た目です。
ドルチェ:Budino di farina di castagne con salsa vagniglia alla cannella
ここルッカの特産物の栗の粉をつかったカップケーキをつくりました。ほろ苦くて甘さが控え目で美味しかった。
[PR]
by ciao-miho | 2006-02-23 02:22 | ルッカ料理学校 | Comments(0)

カレーライス

今日の晩御飯はカレーライス。
ジャンルーカが昨日からカレーを仕込んでくれていて。。。
みんなそろそろ日本食が恋しくなってきたみたい。
週末の休みの日はルッカの街の中華料理屋に食べに行った子もいるくらいで、その話をジャンルーかにしたら、カレーを作ってくれた。
昨日の仕込みの段階だと私は食べたくなかったけど、今日は当番だったから、カレーを温めなおしたら美味しくなってるじゃん!!ジャンルーカに内緒で唐辛子パウダーを入れて、オリーブオイルに漬けたにんにくのみじん切りを加えた。日本のカレーに近い味に近づいた。
今日の晩御飯はみんなすごいわくわくしてた。まるで学校の給食のカレーライスの日みたいだった。こんな日もたまにはいいなーと思った。カレーを食べるのってなんだか家族になったみたい。毎日一緒に生活をしているとだんだんそういう風に思えてきた。

今日のレッスン
今日のシェフはモンテカティーニの5つ☆ホテルのエグゼグティブシェフのレッスン。
調理の仕方が丁寧で、盛り付けも美しい。

前菜:フライパンでソテーしたローズマリー風味のアーティーチョーク、ピェンツァ産ペコリーノチーズのソース
プリモ:手打ちのタッコーニ、ウサギのラグーソース
a0059035_7511934.jpg




セコンド:ノルチャ風豚の背肉のオーブン焼き、黒胡椒と蜂蜜のソースカブラブロッコリーと白いんげん豆添え
a0059035_7515360.jpg

左の画像の豚肉の背肉(Arista)とってもきれいです。

a0059035_7521049.jpg






ドルチェ:ふんわりした洋梨のカップケーキ、チョコレートソース添え
a0059035_7523545.jpg
[PR]
by ciao-miho | 2006-02-22 07:26 | ルッカ料理学校 | Comments(0)

毎日の夕食は19時半から始まり、カフェを飲んで終わるのが21時の生活を送ってる。
もちろん、当番がテーブルセッティングから夕食の準備、サービスは必ず行う。
今日も夕食後、部屋に戻って、レシピの予習。。。。レシピは当然イタリア語、毎日このparola昨日も調べたやん。。とブツクサつぶやきながらかかさずやってる。そろそろ憶えれない単語や自分の頭の悪さに苛立つのだろう。。。あーやだやだ。

予習終了後、テレビをつけ、歯磨きをしているとどこかで聴いた曲が流れる。。。。。
そうです。ちょうど、女子フィギアスケートのフリースタイルの競技をやってて安藤選手の演技真っ最中!!歯磨きをしながらテレビに集中してしまった。
その後、ロシアのスルツカヤ選手の演技。Bravissima(素晴らしい)でした。
私の一押し荒川選手の演技も最高によかった。
さて誰がメダルを獲得するか楽しみ、昨日に引き続き頑張れニッポンだわ。

今日のレッスン
前菜:Tortini di carciofi e bietola
プリモ:Zuppa alla Frantoiana
:Ravioli di cavalo nero con pinoli e pomodori disidratati
セコンド:Piccione in casseruola
a0059035_713422.jpg
左の画像は首つきの鳩です。みんな頑張って開きました。こちらは美味しく調理した鳩です。美味しかった!!

a0059035_714190.jpg






ドルチェ:Charlotte di pere

きっと、ゆききーなちゃんに「イタリア語でメニュー書いたらわからへんやーん」と言われちゃいそう。
[PR]
by ciao-miho | 2006-02-21 06:52 | ルッカ料理学校 | Comments(0)

頑張れニッポン!!

トリノオリンピック、日本勢なかなかメダルに届かず。。。。。
日本では女子フィギアスケートに大きな期待をかけている今日このごろのようですね。
あまりプレッシャーかけすぎはどうなのかな??
だって選手たちはいつも自分自身と戦い、メダルを獲るために頑張っているのだから。。。。

それと昨日サッカーセリエAの試合でローマのトッティが負傷しました。
2006年といえばトリノ五輪とドイツで行われるワールドカップですよ。
こんな時期にトッティの負傷はイタリアにとって大変なことのようです。
まあトッティの変りにもいい選手がたくさんいるとはいえ、トッティが出場しない試合は残念。。。。早く治って欲しいな。

今日のレッスン
アルベロのF先生お待たせしました。
Enzo先生のレッスンでした。優しそうなシェフでした。左利きなんですね。Flancescaも同行してました。デカイっすね。彼女は。。
前菜:マグロの切り身、辛味をきかせたレンズ豆添え
a0059035_2345338.jpg




       プリモ:ジャガイモと甲殻類のスープ

a0059035_2351289.jpg




 



プリモ:かぼちゃのニョッキ、ペコリーノチーズとセージ、バターソース
セコンド:ジャガイモのうろこをまとったすずき、ジャガイモのフラン添え
a0059035_2354028.jpg







ドルチェ:スペルト小麦のプディング
日本ではじゃがいもといえば男爵かメークくらいしか食べたことなくて、あまり好んで食べなかった。イタリアのジャガイモの品種は詳しく知らないけど、甘くて、ホクホクしてるけど水分があって美味しいのです。レッスンにもよく付け合せでジャガイモを使うけど、嫌にならないな。今日のレッスンにつかった三品もぜったい日本人向け、絶対使えます。
[PR]
by ciao-miho | 2006-02-20 02:15 | ルッカ料理学校 | Comments(0)

Carnival(カーニバル)

今日はルッカから電車で20分ほど西にあるビアレッジョという街のカーニバルにみんなで行ってきた。なんとイタリアの二2大カーニバルの一つがビアレッジョ、もう一つはベネツィアのPiazza San Marcoで行われるカーニバルだ。
ビアレッジョのカーニバルは子供から大人まで仮装し、紙ふぶきを撒き散らす。日本の青森県のねぶた祭りのように紙でできた大きな山車が沢山出る。大勢の人で盛り上がるのだ。
私たち日本人には残念ながらカーニバルで盛り上がる精神に欠けているようだ。。。
仮装して紙ふぶきを撒き散らす。。。。
それだけで楽しいのだ。イタリア人はね。見習いたい!!
a0059035_5255380.jpg
a0059035_5261185.jpg






さて今日も食べ歩きの勉強です。
仲間のチーロが4年前にここビアレッジョで半年間働いてたリストランテ”ROMANO”に行ってきました。家族経営でオーナーが父、シェフが母、ソムリエが息子、パティシエが娘、他にも厨房には従業員あり。お店の雰囲気はモダンで斬新。厨房もとてもきれいで動きやすそうでした。
またもここでうるるん滞在期だよ。チーロと接するお店の方たちはまるで家族みたい。
このお店なんと☆付きなんですよ、ミシュランにももちろん載ってます。
前菜はなんと五皿でてきて、プリモ2皿、セコンドは量的にお断りしてドルチェと小菓子とカフェのコースを頂いた。
ビアレッジョは海に面しているので、お店はほとんどのメニューが魚介中心。
毎日新鮮な魚介を仕入れているそうです。
お料理の盛り付けは少々雑なんだけど。。。新鮮な魚介を活かした加熱方法ですべて美味しかった。満足ー。さすがに前菜5皿後、プリモの2皿目はきつかった。。。でも美味しい料理は無理してでも食べることが可能です。
あと食後のドルチェもすべて素晴らしかった。ドルチェの盛り付けは見た目にもかなりの満足感。やはり毎日レッスンで作っている郷土菓子とは違って、同じ郷土菓子なんだけど見た目も食欲につながるということに気づいたよ。とっても重要です。
味(品質)も上質でこれまたきれいに食べました。
今日も3時間ゆっくり食事を楽しむことができました。
美味しいものを食し、楽しい仲間とワインを頂き、綺麗なお皿に盛り付けられた料理を目に入れ、食い倒れの日々でございます。
a0059035_5272225.jpga0059035_52739100.jpg
[PR]
by ciao-miho | 2006-02-19 02:50 | ルッカ料理学校 | Comments(0)

Sono ritornata a bologna

今日はbologna(ボローニャ)まで行って来た。
ルッカから各駅停車で約2時間。。。。
一番安いチケットでたったの6.82€。安い!!
a0059035_921222.jpg

ボローニャは2003年にプチ留学に選んだ街。
美食の街です。日本人観光客は非常に少ない。
みんなボローニャに一度は寄ってくださいな。
歩いて回れるし、比較的治安も良いし、素敵なお惣菜屋やお菓子屋さんが沢山あります。
偶然、料理学校の仲間のチーロも私と同じ語学学校に通ってて。
チーロは半年もボローニャに住んでいたので、すっかりボローニャの人になってます。サッカーはもちろんボローニャのサポーターです。
チーロはレストラン研修をもちのろんろん、ここボローニャを希望していて、今日はチーロがミシュランで探したお店でランチをとることにした。
べたべたのエミリアロマーニャ州の郷土料理を注文した。
前菜:エビとほうれん草のサラダ
プリモ:タリアッテッレボロネーゼ
   :トルテッリーニ昔のボローニャ風
a0059035_9223657.jpg 
    :ラザニア
セコンド:子牛のバルサミコ風味
食事後、厨房を見せてもらった。シェフは快諾してくれた。イタリアではたいていお願いすれば見せてくれるようだ。
チーロが希望どうりここで働けるといいな。

食後、また恒例の塔のぼりを決行した。やはり塔から見下ろす街の景色は最高に美しい。
a0059035_9203799.jpg
チーロのホームステイ先のおじさん宅に一緒に訪問し、カフェをご馳走になった。
偶然チーロのおじさんのところでホームステイしていたドイツ人の女の子とその友達も来ていて楽しい時間を過ごせた。
その後本屋に行って2006年版ミシュランを購入。
a0059035_9233513.jpg
日本で買うとかなり高いけど、こっちで買うとたったの22€。しかも料理の本も安い。
沢山買って日本に送りたい。。。
久々のボローニャなんだかとっても懐かしい。。。
今週末も充実した時間を送ることができた。
[PR]
by ciao-miho | 2006-02-18 09:14 | ルッカ料理学校 | Comments(0)