米田青果店の看板娘?!

さて今日から年末恒例の八百屋のお手伝いです。
米田青果店は主人の父が営む青果店です。
ですから、私にとっては義理父になるわけです。
商店街の一角にあるお店はいつも新鮮な野菜と美味しい果物でいっぱいです。
近年、年中無休のスーパーやらスーパーの大型店などが増え、父のような小売業は年々苦しい立場です。また日本伝統のお節料理でさえデパートやスーパーで買う時代、お正月前に野菜を買い込まなくても困らないのです。
とは言え、家族経営のわが米田青果店は年末みんなで助け合ってお店のお手伝い。
さすがに父、母、兄だけでは人手が足りません、主人とその相方(双子なんです)と私が参戦。
毎年のことなのでみんな自分の役割は把握しててチーム力は年々アップ。あとは売り上げだけ。なんとか去年の売り上げをキープしたいところ。
今日はまずまずの人手でした。
私は自分の母や主人の母からお節料理の作り方を直々に教わったことはない。
二人とも大晦日まで仕事なので。。。
でも自己流でもいから手作りで作ってみたいと思う。
今のところ、八百屋の看板娘ってことでまだ作ったことないんですけど。
看板娘ってのはお隣のスズキ電気の社長がいつも私の顔を見ると言うから。。。
嫁暦6年やから看板娘も微妙なんだけど自分的には。。。
[PR]
by ciao-miho | 2005-12-28 23:24 | Comments(0)

最近、アルテまでのわずか徒歩三分の道のりで空を眺めるのがすき。
寒いせいか、とても空が澄み切っている。
今年最後のアルテでの修行。張り切ってどうぞーってかんじでした。
今日も無事ランチ営業終了、早々に仕込み完了。
今日の賄いは何にしようかな?って考えてると
大谷さん「米田さん、今日この鹿のすじ肉つかっちゃいましょうか?」
私「じゃあ使いましょう。」
今日はランチのメニューの牡蠣のザバイオーネで使った玉子の卵白が余ってたし、卵黄も残ってるし、あとキャベツもあったし。。。。賄いは。。。決定しました!!今日は鹿のすじ煮込み入りお好み焼きに決定です。
大谷さん明日からの分の賄いの買出しに行っちゃったので早速準備開始。
まずは生地を作って少しねかしている間に鹿のすじを煮込んで、キャベツは大谷さんが買出しの前にきれいに千切りしてくれたからオッケーで、ご飯とお味噌汁の準備して、玉子の黄身でマヨネーズ作って、あとお好み焼きには必須のソースを作らなくては。。。ベースは醤油とバルサミコ酢、それとトマトのパッセ(裏ごしです)と少量の砂糖を鍋に入れ濃度が出るまで煮込む。
なかなかいけるソースになった。
大谷さんが帰ってきたからソースの味見をしてもらう。
大谷さん「これに玉ねぎも入れちゃいましょう」
私「そうだね、入れよういれよう!!」
大谷さん「なんか賄い一人で作るより二人でやったほうが楽しいっすね」
そうです、今まで大谷さんは仕込みも当然一人でその合間に賄いを作っていた訳で、仕込みが多いときは夜の営業までの時間は大変なのだ。一人でいつもよくやってるなーと思い感心してたところ。このソース作りも楽しんでやってますけど、ちゃんと実験しながら勉強してるのです。
こういうことも料理をやってての楽しみのひとつです。
お好み焼き定食完成!!シェフをはじめみんな大阪出身の男子三人、なのでご飯のおかずにお好み焼きはごく自然なことなのです。
賄い完成、私は皆さんへ今年最後のご挨拶をし、着替えてダッシュで梅田に向かう。
そうです、今日は葉加瀬太郎のライブなのですぅ。。。
クライズラーカンパニーのころからのファンで、弦楽器、特にバイオリンンの音色が私は大好き。友達のかなちゃんと待ち合わせして、松岡のお弁当を買ってタクシーで会場へ。
時間もまだあるのでお弁当を食べながらお互い近況を報告。
ライブは最新アルバムのVIOLINISM with Love から構成されていて、プロの生演奏を聴けるなんて本当に幸せ。いつまでも聴いていたかったなあ。。。葉加瀬さんは大阪出身、やっぱりトークも面白ろかったです。イタリアに行くまでにライブにこれてよかったー。かなちゃん一緒にいけてよかったよー、ありがと!!
さて、帰りは二人で余韻に浸るため?!近くのBarで赤ワインとチーズとハムの盛り合わせで盛り上がった。気が付くと日付が変わってて、おっと、そろそろ帰らなきゃ、電車あるかな?焦りながら時刻表を見ると最終電車がまだあった。よかったあ。
明日からは米田青果店の看板娘?!で家族とともに頑張ります。
[PR]
by ciao-miho | 2005-12-27 23:26 | 料理修行 | Comments(0)

毎日充実

今日のランチ営業は忙しかったー。
今日の厨房はシェフと大谷さんと私の三人。助ちゃんはいない。
今日もあっという間に満席。
お客様がたくさん来店してくれるのはうれしい。私にもできることが増えるから。
最近は前菜とドルチェの盛り付けをさせてもらっている。
お皿の上に盛り付けるのは楽しい、まるで絵を描く感じ。
気持ちが慌ててたり、焦ってたりするとお皿に伝わるから、常に集中。その時間も楽しい。
カウンターのお客様の声が聞こえてくる。きれいねー、美味しそうねー。
私は素直にうれしくなった。
厨房で次々にプリモとセコンドが完成していく。
お皿も鍋もどんどんなくなっていくし、台の上も整頓しなくては、これ私の使命。
今、どのお客様のどのお料理がどういう状態で。。そこまでははっきり言って把握できなかったよー。それができればほかにも使命が増えるはず。それもまた自分で探していきたいな。
今日も夜の賄いをつくっていると、高橋さんが「米田さん、いつまで来るの??」
私、「とりあえず、明日までで1月5日からまた来ます。」
高橋さん「じゃあ美味しい賄いは明日までかー。。。」
ほんとに家族以外の人からそう言ってもらえるとうれいしな。
料理を作って一番うれしい一言ってやっぱり美味しいの一言に尽きる。
シェフも美味しいと言ってくれました。
明日は何を作ろうかな?
[PR]
by ciao-miho | 2005-12-26 20:41 | 料理修行 | Comments(0)

世間は三連休

皆さん、楽しいクリスマス三連休を過ごされましたか?
飲食関係、サービス関係の仕事をされている方には関係ないない三連休でしたね。
私は少し前まで会社勤めだったので、三連休っていうのは当たり前に存在してたのよね。
でも今は違うのだ。アルテももちろんクリスマスディナーでお客様に楽しんでもらったのだ。
アルテで働くのは楽しい。みんながみんな一生懸命に働くから。
今日は夜の賄い後、シェフが「米田さん、割と味つけが安定してますね。今日も美味しかった」と言ってくれた。
私の作る賄いはごく普通の家庭料理だ。しかも厨房に余った食材をふんだん使うのだ。
やっぱり美味しいの一言は素直に嬉しい。
シェフと少し話することができた。
イタリアに行くまでに、いろんな事を自分なりに学んで考えて、ここで出会った人たちからいろんな事を教わっている。、今年のクリスマスは悲しい三連休にはならなかったよ。
[PR]
by ciao-miho | 2005-12-25 20:43 | Comments(0)

今日は12月22日、そうです日本全国冬至です。
そしてIl annniversarion delle nozze e il mio compleanno
結婚記念日と私の誕生日なのです。しかし、12月生まれのほとんどの方が私と同じ気分になるはずなのがNatale(クリスマス)のせいでどうしてもクリスマスの日陰になってしまうのです。。。どこもかしこもNataleモードでしょ。ローストチキンやら七面鳥なんて食べたくないない。子供のころは寂しい思いをしたものです。私の誕生日とクリスマス一緒にしないでーて。子供のころのそういう思いは大人になっても引きずるものです。

さて最近は夜の賄い係りをしてて、ごく普通の家庭料理を作ってます。
今日は冬至、「ん」のつく食品を食べると無病息災が得られるという言い伝えがあります。
なんきん、にんじん、レンコン、ぎんなん、うどん、しかもうどんには運、鈍、根に通じるので出世すると言われているそうです。今日は朝から雪が積もっていて、シェフも一緒にアルテ前の雪かき作業からスタート!!とっても寒かったのです。だから今日の賄いはうどんすきに決定!!つばすがあったのでつばすのつみれと野菜入れて。つばすのつみれがふんわり上手に仕上がりました。みんなで成型の練習がてらつみれを鍋に入れました。饂飩は大谷さんが力強く練り、みんなでパスタマシーンでのばし、カット(うどんはパスタマシーンで簡単にのばせます)茹で上げるとなかなかいい感じに仕上がりました。きっと皆の体も温まったはず。そして皆な出世間違いなしよ!!

             左はしから米田作、大谷さん作、助ちゃん作
a0059035_2135124.jpg


シェフのイタリア語講座
これオーブンから出しといて
tira fuori               

さて今日は家でお祝いをする日。
帰りに阪急百貨店のグランマシーニューヨークのケーキとローストビーフを買って帰りました。旦那も今日は珍しく早く帰ってこれることになり。久々に一緒に食事。ローストビーフに付け合せの野菜類を用意して、ワインとそれと饂飩!!
えっっ???ローストビーフに饂飩???ありえないでしょうが今日は冬至だからいいのです。
饂飩を食べて出世出世。ってか旦那は寒い日は饂飩が食べたくなる人なのです。
だからしめが饂飩でぜんぜん文句を言わないのです。ちょうど準備ができ、タイミングよく旦那が帰宅。花束とケーキを買ってきてくれました。
おっとケーキがダブったーーー。でも二人ともうれしい悲鳴。
ローストビーフが結構美味しくて、満足満足。
最近赤ワインにはまってます。一年後イタリアから帰国したらワインの学校に通うつもり。
イタリアに行ってもいろんなワイン飲みたいなあ。楽しみ楽しみ。
さて旦那が饂飩を食した後、お楽しみのケーキです。
エスプレッソを入れて、自分が買ってきたグランマシーのケーキを食べました。
これが大満足のケーキで、ほどほどに甘く、イチゴもかなり甘みの強いいいものを使ってるかんじ。私が思うに、ケーキを評価する基準はそのお店のイチゴショートケーキだと思うのですが。皆さんはどう思いますか??
旦那もこのケーキにはかなりご満悦の様子。
今日は一緒に家で食事をして、ケーキを食べて、ほっこりしました。
そういう記念日もたまにはいいよね。来年はイタリアでお祝いできれば本望だね。
a0059035_21355444.jpg

[PR]
by ciao-miho | 2005-12-22 21:52 | 料理修行 | Comments(0)

今朝、新聞を読んでいると花粉アレルギーの方には朗報が。。。。
今年7月の日照時間と気温の関係で来年の杉花粉に飛散量は今年の半分以下とか。
私は杉花粉アレルギー小学校6年生デビューなのだ。長いお付き合いだ。
そう来年の杉花粉のアレルギーに悩まされる季節には私はイタリア生活だ。
日本から脱出期間に杉花粉が少ないとはなんとなく残念だったりする。
しかし、イタリアにも杉花粉飛散しないとは限らない。イタリアにはイトスギ(cipresso)という杉がいるのだ。
天に向かってまっすぐぐに伸びている。この杉に私は悩まされるのだろうか??
実証検証するしかなさそうだ。

シェフのイタリア語講座
大切な調理器具です。
ボウル  scodella
ミキサー frullatore
フライパン  padella
包丁     coltello
下ろし金 grattugia
[PR]
by ciao-miho | 2005-12-21 21:53 | 料理修行 | Comments(0)

この冬一番の寒さ

今日はこの冬一番の寒さでした。
そのせいか。。。今日のランチ営業はなんか来店のお客さんも寒かった。。。
今週は大谷さんが大活躍。シェフの指導のもと、頑張っている。
今日は大谷さんペースつかめてきた様子。
シェフの細かいアドバイスが厨房に響く。。。
大谷さん猛特訓なので私も前菜の盛り付けやドルチェの盛り付けさせてもらえるのでうれしい。
リストランテでの基本、迅速に綺麗に!!
シェフはNatale(クリスマスのことです)のディナーを試作中。
楽しそうに悩んでるシェフ。きっと面白い料理が完成しそうで私も楽しみ。

シェフのイタリア語講座

会話の中で冗談が過ぎた友達に言う言葉です。
お前、おかしいんとちゃうか?あほちゃうか?みたいな感じかなあ。
Sei pazzo/a ,matto/a.
まあ、直訳は気違いなんですけどね。

来週からは厨房でよく使うイタリア語講座になります。
イタリアの厨房でこれから働く方、働いてるけどイタリア語がいまいちの方、お待たせしました。
乞うご期待くださいませ。
[PR]
by ciao-miho | 2005-12-18 20:04 | 料理修行 | Comments(0)

寒い寒い

皆さん、ほんとここのところ関西寒いですね。
今年の11月下旬、南イタリアで大寒波を味わいましたが日本もついに寒波到来ですね。
そうなると、やっぱり晩御飯は鍋物ですよね。
我が家も今日はおでんです。一昨日から準備万端。

今日は私ができるディナーの仕込みはほとんどなく、
大谷さんが骨付きのもも肉のさばいてたので見ていたら、
大谷さん→やりますか??
私→ハイ!!
大谷さん→なんでも慣れっす!!
大谷さんも賄いの買出しにとっとっと高橋さんの自転車で行ったので
私も今日は早めに帰りました。おっと、ちなみに賄いは一日一人当たり100円の予算で頑張ってるそうだ。男三人で一ヶ月で一万円食費がかかっていない計算になる。自転車でお得なスーパーにひた走るそうだ。。。。専業主婦並みだね。感心、感心。私、真剣に家から何か持ってきたくなりました。

さて段々エスカレートしていく?!シェフのイタリア語講座
Lezione di oggi

今日はクリスマス前出血大サービスで三連発です。
fica
figa(=fica)
bastardo

シェフがいつも言いますが、イタリアではごく普通に使うから。。。
私もいろんな単語力がつくのでシェフには感謝です。
[PR]
by ciao-miho | 2005-12-15 19:45 | 料理修行 | Comments(0)

久々のライブ

今日は親友の井筒殿に前から誘われていた、スターダストレビューのライブに行ってきました。
今日のランチタイム私にとっては怒涛の嵐だったのだ。(っていうか私だけか。。。)
シェフにとってはあったり前田のクラッカーでしょうが。。。。
アルテに修行に来て二週間が経過、ランチタイム営業内に私ができる事を流れを見ながらこなすようにならなくてはならない。Pero(しかし)、もう少し自分で気づいてシェフのお役に少しでも立つ何かしたいが、シェフのスピードにはついていけない、ただただ邪魔にならないようにすることしかできないのが現状。この程度の私だけど、怒涛の嵐の中はすごい緊張感でいっぱいなのだ。無事にランチ営業終了、賄い係り、仕込みのお手伝い完了後、ダッシュで井筒殿との集合場所に直行!!
今日のライブ、少し前から井筒殿にCD-Rもらってて予習済み。
代表作の曲くらいしか知らなかったし、予習したからなんとかいけるだろう。絶対聞きたかったのは木蓮の涙っていう曲、かなり切ないラブソングなんだけど、是非、生で聞きたかった。ライブはかなり大人の雰囲気。素晴らしい美声にうっとり、トークもかなり面白ろかった。
最近、流行のプレミアム。。。今日はプレミアムクリスマスライブを楽しめた。満足!!
ライブ終了後、タクシーで梅田まで帰ることにした。
すぐにタクシーをつかまえてることができ、乗車した。
すみません、梅田まで。。
運転手→梅田?!(かなり声が裏返ってたんですよね)
たしかにワンメーターほどの距離だったんだけどね。
私たち、思わず笑っちゃいました。
なかなかいいおちでしたわ。
井筒殿、ありがとう。今度いつ会えるかな???
今日はプロの演奏、歌声を目の当たりにし、ミュージシャンであろうと料理人であろうと、お客様を満足させる、楽しませるのが仕事。あらためてプロの仕事は大変だと感じたのだった。

シェフのイタリア語講座
Lezione di oggi
Rompere palle
[PR]
by ciao-miho | 2005-12-14 19:45 | Comments(0)

ビザ申請行ってきました

今日はアルテ定休日。
大阪イタリア領事館へビザの申請に行ってきました。
私が今回の留学でお世話になっている文流さんへ留学説明会に行ったのは11月上旬、ビザ申請に関して説明を受けたんだけど、何せ大阪イタリア領事館のビザ申請の担当の女性はかなりの曲者らしく彼女に気に入られるように頑張ってくださいとのこと。少しでも気に入らないことがあれば、書類をたたき返されるらしい。。。私は大阪に住んでいるため、万が一そんことがあっても、イタリア領事館は近い。他県の方でそんなことがあればまさに気の毒この上ないのである。私は必要な書類を念入りにチェックし、今日に臨んだのだ。

私が用意したものを書きます。
1.パスポート(有効期間が帰国予定日ブラス3ヶ月あることが必要)
2.ビザ申請書(インターネットから印刷できます、東京と大阪で書式が違うので注意が必要)
3.入学許可書
4.受け入れ先教育機関の証明書
5.生活費の保証書
6.保証人の印鑑証明書
7.銀行の預金通帳の本体とコピー
ちなみに残高証明書も持っていきましたが、返却されました。残高証明書は840円ほど手数料かかりますし、後日郵送で1週間ほどかかります。
8.ビザ有効期間内をすべてカバーした保険会社の保険証書
9.住民票

それに加えてすべての書類のコピーも忘れずに!!
私がイタリア領事館に到着したときはすでにスーツ姿の男性が3人もいた。
4番目かーと思って、受付でカードに必要事項を記入して、電話で呼び出しするようにと書いてある。呼び出ししても誰もでてこない。受付近くで女性が書類を処理しているが、完全に無視。
あまりベルを鳴らすのも悪いかなと思い、電話を切る。先に来ている男性に「すみません、あの女性ですか?」と尋ねるとそうだと答えてくれた。私は留学説明会の時に聞いた事を思い出した。この人やー!!まさに冷酷なオーラを出している。
私の番がまわってきた。絶対にこの女性に怯まないぞーと受付へ、
書類をすべて提出した、黙って待っていると、「出生地は?」と質問された。私は「大阪です」と大きな声で答えた。それから次の質問には疑問を感じたが「どこの病院で産まれたの?」私、「大正病院です」と即答した。質問はそれで終わった。産まれた病院がビザ申請に関係あんのか??特に彼女につっこまれることなく無事に終了した。
ビザを郵送で送ってもらうことにしたので、次のビザ申請がない限り彼女に会うことはないだろう。。。しかし、あの態度、しかも初対面なのにあの冷酷な態度はあり得ない。。。Non'e possible!!これから大阪イタリア領事館へビザの申請に行かれる方々、どうぞご無事でパスしてくださいね。決して怯まずに堂々と!!

さてビザ申請も無事に完了、今日私は忙しいのだ。すぐに自宅へ直行し、家の掃除、年賀状作成、旦那の晩御飯作って、今日も会社の友達に送別会してもらうことになっていて、多忙なスケジュールなのだ。会社の近くのフレンチレストランで待ち合わせ。少し遅れて到着しました。
女の子5人での会食会、やはり年齢や結婚の話題に。みんなの価値観もそれぞれでなかなか面白い。会話も弾んだ。最後にデザートの盛り合わせのプレートにはビックリでした。
井筒殿、田原さん、のもっちゃん、のんたん、本当に今日はありがとう。イタリアで一年頑張ります。帰ってきたら我が家でパーティーしましょう。
a0059035_19425362.jpg

[PR]
by ciao-miho | 2005-12-13 20:45 | Comments(0)