2016年7月7日(木)

この日はカリアリの在住のみきさんに会いにバスで移動。

みきさんはタカ(バレー部)がペルージャ外国人大学に留学していた頃のクラスメイト。

神奈川県横須賀市で生まれ育ったみきさんは、幼少期から外国人と触れることがごく当たり前だったそうです。

そしてみきさん自身もおじいさんがイタリア人でクオーター。

イタリアにおじいさんのお墓もある、しかし家族は誰もイタリア語は話せない。。。

だったら自分がイタリアに留学してイタリア語を学ぼうと渡伊。

それから時は流れ、フィレンツエからピサ行きの列車のなかで今のご主人と出会って、

たまたまサルデーニャ州カリアリ出身だったからここに住んでるとのこと。

そんな出会いってあるんですね。うひゃ~ですわ。

しかもみきさんの存在を知ったのが、イタリア出発3日前。。。。

LINEというものは便利ですね。タカの友達なら大丈夫だな、

よし会いに行こうということで連絡を取りました。

サルデーニャの旅で一番気に入ったパーネカラサウ

これを実際に作っているところが見学したくて、カリアリのインフォメーションで

たずねてみると、住所を調べてくれました。

みきさんに事情を説明すると、そのパン屋さんが三木さんの住む町の近くだった~~。

私なんてラッキーなん!!一緒に行ってもらいました。

サルデーニャ州の伝統的な細工されたパン
a0059035_22053253.jpg
a0059035_22053748.jpg
店頭にはこれがあるんだけど、肝心のパーネカラサウはここでは作ってないらしい。

なんと通過してきたヌオーロで作っているんだそうです。

。。。。。ヌオーロなら行ってきたし。。。チーン。。。。。

そんなこともあるか、今度いつサルデーニャに戻ってこれるか未定だけど、

ヌオーロで必ずパーネカラサウ作ってるところ見学してやる~~~。

そしてみきさんとバールでお茶して、ここからは私の質問が続きます。

サルデーニャの食について色々聞いてみたくて~~~。

みきさん、親切に色々教えてくださいました。

娘ちゃんの幼稚園のお迎えがあるから午前中でお別れして、

お礼に柿の種(ジェノヴァに置いてくるはずだったけどみきさん用に持ってきた)をお渡しして、またバスでカリアリに戻りました。
a0059035_22065032.jpg
みきさん、親切にありがとうございました。(^^♪









[PR]
by ciao-miho | 2017-08-09 23:58 | 2016年イタリア サルデーニャ州紀行 | Comments(0)