イタリアのクリスマス菓子の定番

それは、パネットーネとパンドーロ、パンドルチェです。

どちらの菓子もクリスマスの一ヶ月前からスーパーやパン屋さん、

お菓子屋さんで購入できます。

パネットーネはミラノの菓子。

直訳すると大きなパン。生地に酵母をつかっています。

生地の中にレーズンなどのドライフルーツを入れて焼き上げています。

形はドーム型。

パンドーロはベローナの菓子。

一説にはパン ディ オーロ(黄金のパン)、裕福なベネツィア人たちの食卓にあったとか。。。

こちらは贅沢に卵を使い、生地はプレーン、酵母は使います。

形は円錐で八角の星型が特徴。

中を切ると、名前の通り黄金色の生地です。ふわふわです

a0059035_22374957.jpg



そして忘れてはならない、リグーリア州はパンドルチェだよ~!!

パネットーネを真空パックにしたような。。。

生地はつまてってどっしりしています。

生地の中には干しブドウや松の実、そしてフェンネルシード。

バニラ、オレンジの花のエッセンス、マルサラ酒などが入ります。

見た目は素朴ですが、食べれば食べるほど病みつきになるパンドルチェ~。

懐かしい~食べたいなあ。。。。

日持ちするので一ヶ月くらい常温で保存できます。

今年はたまたまスーパーでパンドーロを見かけたので、買って食べてみました。

う~ん、いまいち。。。
[PR]
Commented by Piccolo Canforo at 2009-12-28 00:31 x
うちも今年はPaluaniのパネトーネ仕入れました〜
ほんとは毎年作ってたのですが
今年はfrutta canditaを仕込む時間がなかったのと
さすがに仕込みから形成まで1週間かかるので
クリスマスに使う分まで確保できそうにありませんでしたw
来年は普通のデザートメニューに乗せる分くらいは仕込めるようにします^^;
Commented by ciao-miho at 2010-01-05 22:03
シェフはなんでも作ってしまうのですね。。
パネットーネ作るの是非、見てみたいです。
邪魔しませんから~。洗い物はお手伝いしますので。。。
by ciao-miho | 2009-12-25 22:32 | 日々の事 | Comments(2)

大阪府大東市内の自宅と大阪市西区北堀江でイタリア料理教室を主宰しています。


by ciao-miho
プロフィールを見る
画像一覧