紅玉りんごジャム

今日は紅玉りんごをジャムにします。

a0059035_20241376.jpg


紅玉りんごはだいたい10月10日前後八百屋さんに並びます。

アメリカ原産品種で、酸味が強いの特徴。

日本では山形産や青森産が流通されています。

アップルパイやジャムに適しています。

今日は早速ジャムにしてみました。

用意するもの

紅玉 2個 (正味390グラム)

砂糖 135グラム

①まず、塩でよくもみ、綺麗に洗います。

②皮を剥き、実はいちょう切りにします。

③皮は捨てないで、いちょう切りにした実と一緒に鍋に入れ、

分量の砂糖をまぶし、20分ほどおきます。

a0059035_20252826.jpg


④鍋に火をかけ、砂糖を溶かしていきます。

⑤皮が柔らかくなったら、皮だけ鍋から出します。

⑥皮についている実を丁寧にとり、鍋に戻します。

a0059035_20275274.jpg


⑦弱火で焦がさないように、15分ほど煮ると完成。

⑧煮沸した鍋に熱いうちにジャムを入れ、蓋をし、逆さにして冷まします。

a0059035_20281648.jpg


今回は皮も一緒に煮たので、綺麗なピンク色のジャムに仕上がっています。

皮を一緒に煮ない場合は、黄色いりんごジャムになります。

先日の台風で、各地で農作物の被害も沢山あったかと思います。

台風で落ちてしまったりんごたちが、スーパーで安価で手に入るというニュースを見ました。

農家さんの日々のご苦労を考えると、良いニュースとは言えませんが。。。。。

紅玉は酸っぱすぎるという方にはふじやサン津軽でも美味しいジャムになります。

この場合はちょとだけレモン汁を加えてあげれば、甘さと酸のバランスもよいジャムに仕上がります。

簡単なので是非、一度試してみて下さい。

このジャム、ヨーグルトやクレープと一緒に食べたら美味しいだろうな~。

紅茶に入れて飲んでも美味しそう~。

a0059035_20452313.jpg

[PR]
by ciao-miho | 2009-10-13 20:45 | 日々の事 | Comments(0)