いかなごの唐辛子漬け

今日はいかなごの唐辛子漬けを作りました。

南イタリアのカラブリア州の保存食であり、調味料でもあるサルデッレ。

本来はカタクチイワシの稚魚、イタリア語ではビアンケッティを使うのですが。。。

釜揚げしらすは先月のレッスンでパスタに使いましたね~。

市場でも手に入りやすいですが、生しらすとなるとタイミング非常に難しいです。^^;

いかなごで代用しちゃいました。

日本だといかなごでサルデッレを作っていらっしゃるお店がありますので、大丈夫です。

なにがやねん!?^^;

生の稚魚を使うのがサルデッレだからで~す。

いかなご1キロ分のレシピです。

いかなごは水洗いします。

a0059035_22554962.jpg


しばらく、ざるにあげておきます。

粗塩25gを全体にまぶします。

a0059035_2259394.jpg


ドリップが出てくるので1時間弱放置します。

a0059035_22591851.jpg


粉唐辛子を用意します。

a0059035_22594642.jpg


私がイタリアで教えてもらった方法は

少しずつ粉唐辛子を稚魚にまぶして、別の容器に移す方法。(難しいことではないです)

a0059035_2312331.jpg


a0059035_2313684.jpg


a0059035_2315355.jpg


こうする方が粉唐辛子がだまにならずに、しっかり稚魚に唐辛子が絡むと思います。

a0059035_2321071.jpg


瓶詰して完成。

a0059035_2331359.jpg


もちろん、すぐには食べないほうがいいですね~。

熟成すればするほど、美味しくなります。

しばらくは寝かせておきますね~。

美味しい頃合いにレッスンでご試食していただきたいと思いま~す。

a0059035_23183257.jpg

[PR]
by ciao-miho | 2013-03-13 00:46 | 日々の事 | Comments(0)

大阪府大東市内の自宅と大阪市西区北堀江でイタリア料理教室を主宰しています。


by ciao-miho
プロフィールを見る
画像一覧